四股踏みダイエットの凄い効果とやり方【毎日10分で脂肪燃焼】

ダイエットトレーニング

こんにちは。マサキです。

この記事がおすすめの人
  • お尻、脚が太いと悩んでいる人
  • ダイエットのトレーニングを探している人
  • 股関節が硬い人

このようなお悩みがある方は、四股踏みをして足腰を柔軟に鍛えいくと、ヒップアップ、内もも痩せ、股関節が柔らかくなる効果が期待できます。さらに太ももの筋肉を動かすことで基礎代謝が上がりダイエット効果も期待できます。

今回は、そんな四股踏みダイエットの凄い効果についてお話しします。やり方については動画で解説しています。

それでは、最後まで読み進めていきましょう。

四股踏みダイエットの凄い効果【毎日10分で脂肪燃焼】

鬼の四股踏み10分10種「膝抜きストレッチすりあし」」【お尻 脚が柔軟に引き締まる】

四股踏みは日本古来からある足腰のトレーニング法です。

四股踏みをすることによって足腰が柔軟に鍛えられます。四股踏みの効果は以下のとおりです。

四股踏みの効果
  • 全身運動によるダイエット効果
  • 股関節が柔らかくなる
  • お尻、脚が細くなる

このような効果が期待できます。ダイエット効果が高いうえに股関節も柔軟になりむくみの解消にも繋がります。

むくみが取れるのはもちろん、お尻、脚が柔軟い鍛えられ、細くしなやかな脚になります。

四股踏みは相撲のイメージが強いですが、そんなことはありません。

実は、私たち一般人がやるべきトレーニングなんです。

そんな四股踏みの効果を詳しく解説しますので、最後までお読みください。

四股踏みのダイエット効果

四股踏みは全身運動で基礎代謝が上がりやすいんです。

なぜなら、足を上げて腰を深く下ろす運動によって、全身の血流が促進され、体が温まるからです。

基礎代謝が低い身体は、摂ったエネルギーを消費しずらく体温も低い傾向にあります。体温が低ければ、体を温めようとして皮下脂肪を蓄えやすくなってしまいます。

要するに、基礎代謝が低いとエネルギーの使用効率が悪いので食べたものを消費できずに脂肪として蓄えやすくなるということです。

四股踏みによって全身を動かしてあげると、血流が促進され体が温まります。足腰の大きい筋肉も鍛えられ、エネルギー使用効率が上がります。

簡単に言うと、筋肉量が増えると基礎代謝量が増えて食べたもののカロリーを消費しやすくしてくれるんです。

まとめると、四股踏みで足腰の筋肉量が増えることで基礎代謝が上がり、全身運動によって血流が促進され体温が上がります。なので、皮下脂肪を蓄えにくい体になるんです。

四股踏みをダイエットに使わないのはもったいないですよね。

四股踏みで股間節が柔らかくなる

四股踏みをすると股関節が柔らかくなります。

なぜなら、脚を開いて腰を落とすときに、太ももの裏、内もも、お尻がストレッチされるからです。

足を高く上げたときに股関節のストレッチがされていそうですが、実は腰を落としたときに股関節周辺の筋肉がストレッチされています。

開脚ストレッチは痛いし、やり過ぎると肉離れのような症状になってしまうこともあります。その反面、四股踏みを正しく行なえば、股関節周囲の筋肉が柔らかくなりつつ足腰が鍛えられるんです。

股関節の前側には、リンパ節が集合しているので、股関節が硬いと足のむくみにも繋がるんです。

要するに、股関節を柔軟にすることでリンパの流れも整い脚痩せ効果を期待できるんです。なおかつ、柔軟性と筋力が上がりキレイな姿勢矯正にもなるんです。

ヒップアップ、内もも痩せ効果

四股踏みにはヒップアップと内もも痩せの効果が期待できます。

なぜなら、股を開いてのスクワットのになるのでお尻と内ももの筋肉を使うことができるからです。

なら、スクワットしたらいいんじないの?と思うかもしれませんが、スクワットよりも四股踏みの方が柔軟性を上げる効果が高いです。

開脚した状態で、腰を下げることでお尻から、内もも、太ももの裏がストレッチされます。腰を深く下ろしてから体を起こすことで、お尻、内もも、太ももの裏が鍛えられます。

なので、ヒップアップしつつ内ももが引き締まっていきます。

さらに四股踏みのいいところは、お尻、脚の柔軟性を高めてくれるので、疲れにくい足腰にしてくれるんです。

脚を細くしてお尻を上げたいなら四股踏みがおすすめです。

四股踏みのやり方「動画あり」

四股踏みのやり方を動画でご紹介します。文章での説明よりも実際にやっているところを観ながら真似ると上手くいきます。

実際に私が毎日行なっている四股踏みです。お尻や脚の筋肉を柔軟に保っているのでとても疲れにくい体に変わり細身のスタイルも維持できています。

簡単に大切なポイントを紹介します。

四股踏みのポイント
  • 尾てい骨から頭の中心までの軸をイメージ
  • 肩の力を抜いてリラックス
  • 脚を柔らかいイメージで使う

以上のポイントを踏まえ、鬼の四股トレーニング10分10種を一緒にやってみましょう。毎日行なってOKです。

鬼の四股踏み10分10種「膝抜きストレッチすりあし」」【お尻 脚が柔軟に引き締まる】
タイトルとURLをコピーしました