デスクワークで腰痛になる原因は?椅子に正しく座って腰を柔らかくする方法。

身体の使い方

デスクワークをすると腰が痛くなるんだよね。パソコンするときは良い姿勢でピンっとしているつもりなのに。

筋トレもしているし何で腰が痛くなるの?

といったあなたの疑問に答えます。

実は、デスクワーク中にこまめに動けば腰痛になりにくいです。

なぜなら、良い姿勢は筋肉が硬くなるので腰痛によくないからです。

PC作業やデスクワークへの取り組み方の問題なので、仕事後に筋トレをしても何も解決していないのです。

この記事では、良い姿勢や筋トレをしても意味のない理由を述べ、デスクワークで腰痛を防ぐ対処法をお伝えします。

「そんなの知ってるよ!」という方は、このままページを閉じてOKです。

「もっと詳しく知りたい!」と思ったあなたは、最後までじっくりお読みください。

結論をまとめると以下の3つになります。

  1. 同じ姿勢を続けるのは無理
  2. デスクワークに筋トレは意味なし
  3. デスクワーク中にこまめに姿勢を変える

記事を読み終えたあなたは、デスクワーク中に、その都度楽な体勢をとって腰の負担を減らせるでしょう。

良い姿勢を続けると筋肉が硬くなる理由

オフィス, スタートアップ, ビジネス, ホーム オフィス, 実業家, ノートブック, ラップトップ
良い姿勢を続けると筋肉が硬くなる理由

有名トレーニング雑誌に書いてあるような背筋を伸ばして肩甲骨を引き寄せる姿勢を30分以上続けると体が固まります。

なぜなら、筋肉に力を入れて同じ姿勢をキープするとことは空気椅子をしているようなものだからです。

実際に、スクワットは10回、20回と慣れれば100回できますが、スクワットの途中で止めて空気椅子のようにすると1分も持たないことがわかります。

筋肉は動く方が得意で制止する方が苦手なのです。

僕も公務員時代は、良い姿勢で1日8時間以上は事務作業を続けていました。

やはり、腰が張ってしまい、肩もこり、呼吸も辛かったですね。

トレーニング雑誌に書いてある良い姿勢は、腰や背中の筋肉で背すじをピンッと伸ばし、肩甲骨を引き寄せ胸を張ります。

良い姿勢は空気椅子よりは負担が少ないですが、小さな負担が腰、背中、肩にずっとかかっています。

なので、良い姿勢は腰痛予防にならず、筋肉を固め腰痛を悪化させているのです。

もちろん、脱力しきって猫背になるのもよくありませんので 椅子の正しい座り方で腰痛、肩こりを治す方法 をあわせてお読みください。

デスクワークに筋トレはほぼ意味なし

woman carrying barbells
デスクワークに筋トレはほぼ意味なし

デスクワークの腰痛予防に筋トレはほぼ意味がありません。

なぜなら、デスクワーク時の姿勢や体勢が変わらないかぎり、腰痛の予防にならないからです。

実際に、筋トレをしてもデスクワークの取り組み方が変わらなければその場しのぎの対処法にすぎません。

なので、仕事が終わった後にジムで筋トレをしても根本的な解決になっていないのです。

とはいえ、仕事の合間に運動することは疲労回復や集中力アップの面で体にいいことがわかっています。

仕事の合間に筋トレをできるなら固まる姿勢の予防にもなります。

会社員だと仕事の合間に筋トレは難しいと思うので、デスクワークの姿勢を変えつつ、合間の1時間ごとに歩くなど体を動かした方がいいです。

パソコン作業中に姿勢を変え続ける

two woman sitting near table using Samsung laptop
パソコン作業中に姿勢を変え続ける

パソコン中に姿勢を変え続けると腰痛の予防になります。

なぜなら、同じ姿勢をキープすると体が固まってしまうので、デスクワーク中に姿勢を変えたり動くと腰痛が予防されるからです。

実際に、疲労回復に運動が推奨される理由は、現代人が動かなさ過ぎているためです。

デスクワークは、動かな過ぎて筋肉を固めてしまうので、仕事中に動けば腰を柔らかく保てます。

デスクワークで動く目安
  • 10分おきに首や腰を軽く捻ったり、背中を反ったり丸めたりする
  • 30分おきに椅子の上でできる背中の簡単なストレッチをする
  • 1時間おきに立つ、歩く、背伸びをする

あくまで目安ですが、上記のように何でもいいので動かすことが大切です。

特に1時間おきにトイレに行くなど立って歩くといいでしょう。

会社員でも1時間おきに軽いスクワットなどができる環境にあるのであれば、腰痛予防とともに集中力アップにもなりますので、合間に運動することをおすすめします。

人の集中力は個人差はあれど、もって90分といわれています。

なので、90分以上ずっと椅子に座るのは避けてください。

知らず知らずに腰痛になっていきます。

筋肉は止まっているのが苦手で、動くのが得意です。

筋肉の性質を理解して、デスクワーク中に動く習慣をつけると、パソコン作業での腰痛は改善されていきます。

なので、仕事の合間に動ける習慣をつくりましょう。

デスクワークで腰痛を予防する方法まとめ
  • 集中し過ぎて動かないと腰が痛くなる
  • 仕事後の筋トレは根本的に解決しない
  • デスクワーク中に動き、姿勢や動作をその都度変えると腰痛予防になる
  • パソコン作業中、最低でも1時間ごとに立つ、歩くなどの運動を入れる

本日はここまでです。

タイトルとURLをコピーしました