元公務員が公務員と民間企業のメリットデメリットを比較【転職考察】

公務員を辞める

公務員を辞めて民間企業へ転職したい!でも公務員は安定しているしなぁ。。。自己成長したいって思うと公務員を辞めた方が良いと思うしなぁ。。。どうしたらいいの?

といった悩みに応えます。

当記事を書いている人
マサキ
マサキ

30歳で地方公務員である消防士を退職。整体師・トレーナーで独立するもコロナ禍により閉店を決意。会社員をしながらYouTube、ブログを運営しています。

YouTube、ブログともに収益化に成功しています。

当記事の内容
  • 公務員のメリットデメリット
  • 民間企業のメリットデメリット
  • 公務員に留まる方法
  • やりたいことがあるならやるべき
当記事で得られること
  • 公務員に留まるのもあり
  • 本当にやりたいことがあるなら転職しよう
  • 在職中に転職活動すれば良い

公務員を辞めたい公務員へ

Outlook, 熟考する, 考える, 発見します, 見る, 評価, 決定, 混乱している, うつ病, 望み

僕は30歳で地方公務員の消防士を辞めました。

辞めた理由をこちらの記事に書いてあります。辞めたいと思っている方の背中を押せたらいいなと思って書きましたので、公務員を辞めようか悩んでいる方は参考にしてくださいね!

5分で読み終えますので最後までお付き合いください!早速始めましょう!

公務員のメリット

公務員のメリットは以下のとおりです。

  • 収入の安定
  • 休日が多い
  • 残業少ない(部署による)
  • 首にならない
  • 社会、家族の信頼

ぶっちゃけ言うと最高です!

お金持ちにはなれないけれど食いっぱぐれることもないし、多少の贅沢が出来るんですよね。しかも、家族の信頼も得られるのでとてもありがたい。社会的信頼性もあり車や住宅の購入もスムーズです。

実際に消防士時代の僕は登山、スキー、スノーボード、野球などいろんな趣味を楽しめる金銭的余裕と時間的余裕がありました。

正直にメリットだらけなので辞めるのはやめた方が良いですよ!

公務員のデメリット

公務員のデメリットは以下のとおりです。

  • やりがいがなくなる
  • 働いている実感がない
  • 自己成長出来ない

公務員の仕事は淡々としている事務処理も多く、何のために働いているかわからなくなる人も多いはず。

さらに頑張らなくてもリストラはないし、給料は上がるので成長思考がなくなるんです。自分では成長思考を維持しているつもりでも、やる気のない人も多くいつの間にか同じように堕落しているなんてこともあります。

実際に僕は消防士でしたが、訓練以外の事務処理に無駄に時間がかかりました。無駄に法律に縛られた事務処理に加えて、細か過ぎる上司のチェックなどにうんざりしました。また、やる気がなく愚痴の多い先輩と一緒にいたときは、同じようになっている自分がいましたね。

そんなやる気のない人の多い部署に異動したらストレスになることも。

なので、自己成長して働いている実感を求めるなら民間企業の方が向いているといえます。

民間企業のメリット

民間企業のメリットは以下のとおりです。

  • 利益を追求できる
  • 働いている実感あり
  • 人の役に立つ実感あり
  • 収入を上げられる
  • 自己成長出来る

民間企業はお客様からお金を得て運営する仕組みですので利益を追求します。

要するに商品を作る、売るといった仕事をします。

中には総務系の事務仕事もありますが、基本的に物やスキルを売ってお金を得るわけです。

なので、働いている実感があり、公務員よりもお客様との距離も近いため、人の役に立つ実感もあります。また、キャリアアップのために高収入の企業へ転職も可能だし、副業も出来るので収入アップも見込めます。

なので、安定に執着するよりも自己成長しながら働きたいなら民間企業の方がおすすめです。

民間企業のデメリット

民間企業のデメリットは以下のとおりです。

  • 収入不安定
  • 休日少ない
  • 残業多い
  • リストラの危険あり

民間企業は売り上げに左右されるため公務員のように安定して収入がアップするとは限りません。

営業日が多いほど売り上げが伸びる可能性があるため、公務員のやように土日祝休みのような企業は少ないです。場合によっては残業も多いかもしれません。公務員も部署によってはブラック企業並みなので、民間の場合も同じといえます。

また業績が落ちればリストラの危険性もあります。

なので、安定して気楽に働きたいなら公務員に留まる道を進むべきです。

といった感じで公務員、民間企業ともにメリットデメリットがあります。

公務員に留まるマインドセット

いじめ, ストレス, 頭, 脳, 考える, 恥, 矢印, 攻撃, 恥ずかしい, 隠れる, 非表示, 絶望

結局は公務員で楽しく生きることが出来るのなら辞めるのは勿体ないです。

消防官退職前の自分に言いたいことは以下の通りです。

  • 上司先輩の機嫌を気にするな
  • 自分のペースで働け
  • 自己成長は自分自身

この3つが出来れば消防官を辞めなかったと今だから思えるからです。

簡単に解説しますね!

上司先輩の機嫌を気にするな

上司先輩の機嫌取りをやめれば幸せに働けます。

理由は無理して機嫌を取る必要がないのでストレスがなくなるからです。

公務員は変に細かい上司も多く「何か面倒だなあの人」「またいちゃもんつけられそう」など上司先輩の機嫌が気になるもの。

とはいえ、機嫌を取らないと上手く仕事が出来ないと思うかもしれませんが、機嫌を取る必要はなく誰にでも優しく接していればいいんです。その中で理不尽な上司先輩とは最低限のコミュニケーションで済ませば問題なし。

上司の立場を考えた言葉使いをしつつ、嫁、旦那、親、友達、彼女彼氏を大切にするように単純に優しく接していればトラブルは滅多に起きません。理不尽な上司先輩とは最低限に関わればいいのでストレスも激減します。

そのため、機嫌取りは辞めて優しく接しつつ、理不尽系の上司は無視すればオッケーです。

自分のペースで働け

自分のペースで働けばストレスもないので公務員を辞める必要はありません。

理由は無駄な事務仕事がたくさん回ってくると思いますが、計画的に自分のペースをつくれば焦らずに仕事をこなせます。

期限があるものないものを見極めて、優先順位をつけて仕事をすればいいんです。

とはいえ、部署によってはブラックなところもあります。この場合はすぐに異動希望を出しましょう!体調を崩したなどの理由があれば異動しやすいですよ!

なので、自分のペースで働きましょう!

自己成長は自分自身の問題

自己成長は自分自身のマインドセットで出来ますよ!

公務員の仕事にやりがいを感じられないのもわかります。とは言っても民間企業にもやりがいを感じられない仕事内容もあるでしょう。

そのため、『どんな仕事でも自己成長するんだ!』というマインドセットをして取り組んでください。

すると無駄な事務仕事でも作業効率を上げたり、計画性が向上したり仕事を上手にこなすスキルが上がります。

なので、目の前の仕事をする中でスキルアップを図りましょう!

実際に僕は消防官を辞めて民間企業で働いていますが、現在もこの3つをやっています。

  • 上司先輩の機嫌を気にするな
  • 自分のペースで働け
  • 自己成長は自分自身

3つのマインドセットのおかげで会社員をしながらYouTube、ブログを運営出来ているんですよね。

なので、公務員を辞める前に考え方を少し変えてみてください!

公務員を本当に辞めたいなら決断するべき

階段, ステージ, フィート, 足, 成功, 徐々に, キャリア, 上, 上昇, 段階的に, やみくもに

公務員を本当に辞めたいなら決断しましょう!

まずは以下の3つを自分に聞いてください!

  • 公務員が嫌になって辞めるのか?
  • 他に挑戦したいことが出来たのか?
  • やむを得ない事情があるのか?

公務員が嫌になって辞めるのか?

公務員が嫌になって辞めるのはやめましょう!

理由は民間企業に就職しても嫌になる可能性が高いからです。

そのため、公務員の仕事で自己成長出来るようなマインドに変える努力をしてください!公務員の待遇を捨てるのは勿体ないですよ!

それでも公務員が嫌ならば転職の道を考えましょう!

僕が消防士になって良かったことをこちらの記事に書きました。公務員の良いところを探す参考になると思いますのであわせて読んでくださいね!

他に挑戦したいことが出来たのか?

他に挑戦したいことが出来たのであれば辞めて挑戦する価値がありますよ!

公務員からフリーランスになりたい人

ただし、フリーランスになりたい方は待ってください。

辞めると無収入になるので公務員として働きながらリスクの低いブログなどを始めましょう!

ブログで収益は得ないでアクセスを集めるなどの能力を磨きながら公務員を続けた方がリスクは低いです。

ブログでアクセス数を上げられればマーケティングスキルがアップするので、フリーランスとして自分のやっていることが売れるようになります。

なので在職中に収益を得ないでスキルアップすることに取り組みましょう!

転職して違う分野に進みたい人

転職して違う仕事がしたい人は辞めてもオッケーです。

ただし、公務員を辞める人は「ちょっと変な人」だと企業に捉えられがち。また公務員のスキルは民間企業で使えないものばかりです。

例えば僕は消防士でしたが民間で使えるスキルはほぼないんです。民間で使えるものがなければ雇ってもらえない可能性が高くなります。

そのため、公務員を辞めてから就職先を探すのはリスクが大き過ぎます。

なので、転職したい場合はリスクを回避するために在職中に転職活動をするのがおすすめです。

辞めるのを迷っている公務員に向けて、公務員を辞めて良かった声を30個集めた記事を書いています。まだ一歩踏み出せない人はこちらの記事を読んでくださいね!

公務員と民間企業のメリットデメリットまとめ

公務員のメリット
  • 収入の安定
  • 休日が多い
  • 残業少ない(部署による)
  • 首にならない
  • 社会、家族の信頼
公務員のデメリット
  • やりがいがなくなる
  • 働いている実感がない
  • 自己成長出来ない
民間企業のメリット
  • 利益を追求できる
  • 働いている実感あり
  • 人の役に立つ実感あり
  • 収入を上げられる
  • 自己成長出来る
民間企業のデメリット
  • 収入不安定
  • 休日少ない
  • 残業多い
  • リストラの危険あり

まとめ:最後はマインドセット

何度も言いますが単純に『公務員が嫌』と思っただけで辞めるのはもったいないですよ!

公務員にやりがいを感じない、民間企業なら充実出来ると思うかもしれませんが、結局は仕事に成長を見い出せるかどうかは自分自身のマインドセットです。

まずは公務員の仕事で自己成長出来るように考え方、仕事のやり方を変えましょう!

そして、本当にやりたいことが見つかり民間企業へ転職したいと思っているなら在職中に行動しましょう!

公務員を辞めるための事前行動をこちらに詳しく書きました。

もう公務員を辞めて民間企業へ転職する決心が出来ている方は、おすすめの転職サイト・エージェントをまとめたこちらの記事をあわせて読んでくださいね!

最後までありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました