公務員を辞めて民間企業へおすすめ転職サイト6選【元公務員が考察】

公務員を辞める

公務員を辞めようか悩んでいるんだよね。転職を考えているんだけど、おすすめの転職サイトはないかな?教えて!

といった悩みに応えます。

この記事で得られること

  • 民間企業へ転職する前の事前準備
  • おすすめ転職サイト
  • 転職エージェントを使うのもあり
この記事を書いている人
マサキ
マサキ

僕は30歳で地方公務員である消防士を退職後、整体師・トレーナーとして独立。コロナ渦によって整体業を辞めて会社員に転職。現在は会社員をやりながらトレーニングをYouTubeで発信しながら、公務員からの転職経験や副業についてブログを書いています。

YouTube、ブログともに収益化に成功しています。

そんな僕が公務員から民間企業へ転職する際に使いたいサイトを紹介しますね!

読者様への前置きメッセージ

当記事では公務員から民間企業へ転職する際に使いたいサイトを紹介します。

実際に僕は公務員から整体師・トレーナーとして独立後に会社員に転職し、YouTubeやブログなどの副業が出来て満足する毎日を過ごせています。

この記事を読んで公務員を辞めたい人が転職へ一歩踏み出せたら良いと思っています。

一般事務、消防官、警察官、自衛官など様々な職種で辞めたい公務員の方の参考になると思います。

5分ほどで読み終えますので、最後までご覧ください!

公務員を辞める前の事前準備

公務員をいきなり辞めるのはおすすめしません。

理由は以下のとおりです。

  • 無収入になる
  • 失業手当がない
  • 就職先が決まらない

もちろん過度なストレスや病気などになり、すぐに辞めないといけない場合もあると思いますが、病休、有休などの制度を利用してなるべく無収入を避けるのがベターだと思います。

公務員退職後に就職先が決まらない!といった事態も避けたいので、在職中に転職先を決めるとリスクが低いですよ!

詳しくはこちらの記事に書きましたのであわせて読んでくださいね!

公務員から転職サイトを使うメリットデメリット

転職サイトを使うメリット
  • 気軽に求人を探せる
  • 求人情報のメールが届く
  • 自分のペースで転職出来る
転職サイトのデメリット
  • 履歴書の書き方が自己流になる
  • 年収交渉を自分でやらないとダメ
  • 自己中的な職業選びになる

転職サイトは求人を自分で探して自分で応募しなければならないので、面倒な面も多いんですね。

公務員より高収入を得たい、スキルアップしたい、成長したいと思ったら企業と自分で交渉するスキルが必要です。

言い換えれば交渉スキルが上がるので、転職先でも生かせますよ。

そのため、自分で全部やりたい!と思う方に転職サイトはおすすめです!

公務員からの転職!おすすめサイト

公務員から民間企業へ転職する際に利用したい転職サイトを紹介します。

リクナビNEXT

求人サイトと言えばリクナビNEXTというくらい有名なサイトです。

実際に僕も登録していまして沢山の求人情報がメールで送られてきてとても参考になりました。

リクナビNEXTの特徴は以下のとおりです。

  • 限定求人が多い
  • 地域、職種問わない圧倒的求人数
  • いろいろな求人から視野が広がる
  • 診断ツールで自分の強み発見

公務員以外の求人を見ることで視野がかなり広がります。

限定求人が多いのも魅力で地域も広く、住んでいる場所を問いません。

公務員から転職を考えているならまず登録したいのがリクナビNEXT です。

doda求人情報サービス

大手・優良企業を中心に紹介する求人サービスです。

実際に僕も転職先を探すときに登録していました。

dodaの特徴は以下のとおりです。

  • 大手・優良企業が多い
  • 日本最大級の求人数
  • 年齢問わず利用出来る

務員よりも収入アップを狙いたい!ブラックではなく優良企業に勤めたいと思っている方にdoda求人情報おすすめです。

ハローワーク

ハローワークは地方在住の方におすすめです。

理由は田舎にいるとハローワークの方が良い求人があるからです。

実際に僕も求人サイトとハローワークを併用していますが、ハローワークの方が地方の求人を探しやかったです。

デメリットとしては、ハローワークに足を運ばないといけないところです。

そのため、自分の働きたい地域が田舎の場合ハローワークがおすすめです。

転職サイトを利用するなら

転職サイトは無料で登録出来て気軽に求人情報を探せるので、公務員を辞めたいと思っているなら登録した方が良いですよ。

理由は公務員を辞めてどんな条件で働きたいかを求人情報を見て考えることが出来るからです。

なので、まずは転職サイトに登録して民間企業の情報を集めましょう!

転職エージェントを使うメリットデメリット

転職エージェントはあなたの就職相談に乗ったり、企業と年収交渉などをしてくれるありがたいサービスです。

要するにあなたの転職をサポートしてくれるアドバイザーが着いてくれるんです。

そんな転職エージェントのメリットとデメリットをまとめました。

転職エージェントのメリット
  • 無料でサポートしてくれる
  • 相手を動かす履歴書の書き方指導
  • 年収交渉をしてくれる
  • 人柄、性格など企業に伝えてくれる
  • 面接のポイントを指導

転職エージェントは無料で登録でき、手厚いサポートをしてくれるんです。無料の理由はエージェントが企業に人材を紹介することで収入を得られるからです。

そんなエージェントがあなた自身ではやりにくい企業との年収交渉や性格などを伝えてくれるんです。

自分の人柄を企業に伝えるのって「盛ってると思われそう」で嫌ですよね。公務員を辞める人って「おかしい人」と思われそうですし、面接時の応え方も大事になるのでエージェントを利用した方が安心出来ますよ。

要するに『人の心を動かす履歴書』『年収交渉』『人柄を企業に伝えてくれる』『面接の練習』など自分では出来ないことをやってくれるんです。

そのため、自分で応募するよりも優位に就職活動が出来るんです。

転職エージェントのデメリット
  • 電話が多い
  • メールが多い

デメリットは電話やメールが多いことです。

まず、転職エージェントを利用すると電話がかかってきます。

理由は電話で転職理由や希望などを聞き取りするからです。

転職エージェントはあなたの情報を聞き取りして転職先を探したり、強みを見つけて企業と交渉するのが仕事です。なので、電話やメールであなたと面談する必要があるので連絡が多くなるのは必然。

そのため、お気軽な気分で利用するのではなく務員を辞める決心がついたときにエージェントに相談するのがおすすめです。

転職エージェントのメリットとデメリットを踏まえた上で利用した方が良い人としない方がいい人を考えましたので続きをご覧ください。

転職エージェントを利用しない方がいい人

  • 気軽な転職
  • なんとなく登録してみた

エージェントは本気なので、「なんとなく。。。」という方は、まず転職サイトに登録しましょう!

転職エージェントを利用した方がいい人

  • 転職を本気で考えている
  • 公務員よりも高収入を得たい
  • 公務員より成長出来る場を探している

本気で公務員を辞めて転職する意思のある人は転職エージェントと面談をしてみましょう!

公務員からの転職おすすめエージェント

リクルートエージェント

言い出しづらい 年収 条件 入社日程 などの交渉もお任せください!

非公開求人が多く優良企業に出会いやすいのがリクルートエージェント。

理由は良い人材を求めている企業はむやみやたらに求人を募集しないからです。

さらに転職支援実績が2017年で累計41万1,000名以上の実績があり、信頼性も高いんです。

リクルートエージェントの特徴は以下のとおりです。

  • 業界最大級の非公開求人数
  • 実績豊富なアドバイザー
  • 充実した転職サポート

実績あるエージェントに公務員よりも良い希望(自己成長、年収アップ)を相談してに優良企業を探してもらうならリクルートエージェントがおすすめ!

doda転職支援サービス

専門スタッフがあなたの希望や適正にマッチした職を紹介し、サポートしてくれます。

dodaのエージェントの特徴は以下のとおりです。

  • 魅力的な履歴書・職務経歴書の作り方をサポート
  • あなたの人間性・人柄を企業へ伝えてくれる
  • 面接のサポートがあるので安心
  • 幅広い年齢層に対応

幅広い年齢層に対応しているので、公務員を辞めたいけれど自分がどういう職種に転職したいかわからない方にdoda転職支援サービスがおすすめです。

パソナキャリア

パソナキャリアは30,000件以上の求人の中からあなたに合った就職をサポートしてくれます。

パソナキャリアの特徴は次のとおりです。

  • はじめての転職OK
  • 関東、関西、東海在住の方向け
  • 24~49歳に向いている
  • 応募書類の添削・面接対策・年収交渉までサポート
  • リーダー・マネージャー・部長・責任者クラスの求人あり
  • 女性の転職にもおすすめ

公務員で30~40代の方は役職が付いている方も多いはず。責任者クラスの職に付ければ必然と年収も上がるし、やりがいもありますよね。

なので、役職付きで高年収を希望する方にパソナキャリア がおすすめです。

在住地域が限定されているので注意してくださいね。

転職エージェントは複数登録はしない

転職エージェントを利用する注意点は複数登録しないことです。

理由は公務員在職中であれば、転職相談に何件も時間を割いている暇はないですし、希望企業が被るのも良くないからです。

とはいえ、複数登録すると比較出来るメリットもあります。

なので、転職エージェントを利用する場合は2件にとどめておきましょう!

最後に:公務員を辞めるなら事前行動あるのみ

何度も言いますが公務員から民間企業へ転職するなら事前準備をしてください!

無収入になるのを避けるために在職中に転職場所を探すべきです。

そのため、在職中に転職サイト、転職エージェントを活用しましょう!

おすすめ転職サイト
おすすめ転職エージェント

本日はここまでです!最後まで読んでいただきありがとうございます!

タイトルとURLをコピーしました