正しい姿勢での立ち方【骨盤を立てない理由】腰痛が治る身体の使い方

姿勢

正しい姿勢で骨盤を立てろ!って言うけど腰が痛いんだよね。。。なんで?

このような悩みを解決します。

本記事の内容
  • 骨盤を立てるのは正しい姿勢ではない
  • 骨盤を立てる立ち方で腰痛になる
  • 日本人は骨盤後傾が正しい姿勢での立ち方
  • 骨盤後傾し過ぎて立つのも悪い
  • 正しい姿勢での立ち方はリラックス
本記事の信頼性
マサキ
マサキ

この記事を書いている僕はトレーニング歴20年以上、身体の使い方を研究して10年以上になり、整体師とトレーナーをしています。

YouTube:チャンネル登録1700人▶︎マサトレブログ

読者様への前置きメッセージ

本記事は『正しい姿勢で立つために骨盤を立てているけど辛い』という方へ向けて書いてます

実際に僕も骨盤を立てて正しい姿勢を意識していましたが腰痛に悩んでいました。良い姿勢を止めたことで腰痛がほぼなくなりました。

本記事を読むことで『無理に骨盤を立てると腰を痛める』ことが理解でき、『リラックスするのが良い姿勢なんだ』とわかりますよ!

3分ほどで読めますので、最後までご覧ください!

正しい姿勢での立ち方【骨盤を立てない理由】腰痛が治る身体の使い方

ウェブ, 湖, 森林, 自然, 女性, 立つ, 遊歩道, 水, 反射, 楽観主義, 静かな, ゴール, 魂

結論、楽に疲労感なく立つなら骨盤をニュートラル若しくは少し後傾させて立ちましょう。

実は骨盤を立てて立つと反り腰のようになり、腰に負担がかかるんです。

トレーニング雑誌でよく言われる立ち方は、骨盤を立てて胸を張る姿勢です。この姿勢は腰や背中の筋肉に力を入れないとできません。

要するに腰、背中に力が入りっぱなしで立つことになるので疲れるんです。

なので、骨盤はニュートラルか少し後傾させて立つ方が楽なんです。

そのあたりを詳しく解説するので、続きをご覧ください!

骨盤を立てるのは正しい姿勢ではない

骨盤を前傾させると、骨盤が立ち一般的にいう正しい姿勢ができます。

しかし、骨盤を立てるのが正しい姿勢と広まっていますが実は違うんです。

理由は骨盤を立てるために、腰に過剰な力が入ってしまうからです。立つ際に腰に力が入りっぱなしだと疲れますよね?骨盤を立てるために、腰に力を入り続ければ筋疲労をお越し腰痛になるんです。

なので、骨盤を無理に立てた姿勢は正しいとは言えないんです。

骨盤を立てすぎないで座ると腰が楽ですよ!あわせてこちらの記事を読んでくださいね!

骨盤を立てる立ち方で腰痛になる

骨盤を無理に立てて立つと腰痛になります。

実際にモデルのように骨盤を前傾させてみましょう!この姿勢だと腰に力が入りませんか?

簡単に言うと骨盤を立たせることで『反り腰になる』んですね。

反り腰になれば腰痛になるのも当然なんです。

なので、無理に骨盤を立たせて姿勢をつくる必要はありませんよ!

正しい姿勢で疲れる方はあわせてこちらの記事を読んでくださいね!楽な姿勢について理解できますよ!

日本人は骨盤後傾が正しい姿勢での立ち方

日本人はどちらかというと骨盤後傾しているんです。

理由は日本人は農耕民族であり、着物や正座など独特の文化によって姿勢が他の国の人と少し違うからです。

中根幸(徳川慶喜の側室)

昔の人の写真を見るとモデルのように胸を張った人はいないんです。特に正座をすると腰から背中にかけて緩やかなカーブができるんですね。上の写真は椅子ですが、むしろ骨盤は後ろに傾いていますよね。

ですので、腰を反らせるように骨盤を立てること自体が日本人に合わないといえます。

日本人の正しい立ち方は骨盤を少し後傾にする意識でいいと僕は考えています。

実際に僕は骨盤前傾の良い姿勢を止めて、上の写真のようにやや骨盤後傾気味にして立ち姿勢を変えたところ腰痛に悩まされなくなりました。今では整体、トレーニング、育児、家事などの仕事を快適にできています。

骨盤後傾し過ぎて立つのも悪い

日本人は骨盤後傾が良いからといって過剰にやるのはよくありません。

実際に過剰に骨盤後傾すると、連動して膝、背骨も極端に曲がり猫背になります。さらに体を丸めようとし過ぎてお腹にも力が入ります。とても楽な姿勢で立っているようには見えません。

要するに骨盤後傾をやり過ぎると膝、背中が曲がりだらしない立ち姿勢になるんです。

なので、軽く骨盤を後傾するイメージで立つと、ニュートラル姿勢をつくりやすくなりますよ!

骨盤、背骨を動かして正しい姿勢矯正ができるワークアウト動画がこちら!自由に体を動かせるトレーニングをして楽な姿勢をその都度つくれるようにしましょう!

最後に:正しい姿勢での立ち方はリラックス

結論、正しく立つならリラックスした姿勢を目指しましょう!

ここまで骨盤を立てる骨盤前傾と寝かせる骨盤後傾についてお伝えしましたが、共通点は過剰に力を入り過ぎると疲れやすいし腰痛になるということでした。

実際に力を入れ続けるのは無理だし辛いですよね?昨今の姿勢矯正では、肩甲骨を寄せる、骨盤を立てる、つま先で踏ん張るなど力を入れて姿勢を維持するように教えているものが多いと感じます。

繰り返しになりますが力を入れ続けるのは無理だし疲れます。

ですので、リラックスして過ごすよう心掛けてくださいね!

日本人のための骨盤後傾で柔らかい身体の使い方ができるおすすめ本がこちら。僕の身体の使い方の基本になっており、整体、トレーニング、家事、育児がとても楽にできるようになりました。ぜひ、一読してくださいね!

タイトルとURLをコピーしました