食べないダイエットで痩せる食べ物とは?【1ヶ月3キロ減量】

ダイエット

こんにちは。マサキです。

この記事がおすすめな人
  • ダイエットしたい人
  • ついつい暴飲暴食してしまう人
  • 運動してるのに痩せない人

このような悩みがある方におすすめです。

今回は、あるものを食べないようにするだけで1ヶ月で3キロ減量できるという内容でお話しします。

私のおすすめダイエット本であるパレオダイエットの教科書からお話しします。パレオダイエットの教科書はこちら↓

食べないダイエットで痩せる食べ物とは?【1ヶ月3キロ減量】

ダイエットしているのについつい食べ過ぎてしまう、運動をたくさんしているのに痩せないと悩んでいるあなたは、もしかするとある食品を食べ過ぎているかもしれません。

ある食品を食べ過ぎると、満腹中枢が狂いお腹がいっぱいでも食べてしまうことがわかっています。

ある食品を控えるだけで、確実に痩せやすい体へと変わります。私もある食品を控えているので、体は細く筋肉もしっかりついています。

ある食品についてお話ししつつ、無理なく食べないようにする方法をお伝えするので、最後までお読みください。

この記事を読むメリット
  • 1ヶ月でー3キロ痩せる
  • 1年やれば痩せ体質になる

ダイエットは運動よりも食事が大事ですので、ダイエットは食事8割、運動2割!カロリーが大事な理由もあわせてお読みください。

人間の体には体重維持機能がある

人, 女性, ヨガ, 瞑想, フィットネス, 健康, ストレッチ, 柔軟性, 体

人間の体には、体重を適正に保つ機能が備わっています。その機能はセットポイントと呼ばれています。

簡単に言うと、食べ過ぎれば体脂肪を燃やし、食べなさ過ぎれば体脂肪を温存するシステムがあるんです。

「そんなことないよ!」と思った方もいると思いますのである論文の研究結果をご紹介します。

1996年バーモント大学の論文で、バーモント刑務所の受刑者に1日1万カロリー食べさせた実験をしたところ15〜25%増量してストップ、それ以上の増量はみられなかった。

この研究からもわかるとおり、どんなに食べてもある一定以上の体重で落ち着くということです。

では、なぜ世の中に肥満が多いのか?それはセットポイントが狂う食べ物を食べて、脳が狂いたくさん食べてしまうからです。

体重維持機能が壊れるある食べ物

ハンバーガー, バーベキュー, 牛肉, パン, チーズバーガー, ダイエット, ファーストフード

セットポイントが壊れる食べ物とは、加工食品です。

加工食品は、ジャンクフード、お菓子、冷凍食品などになります。「やめられない止まらなない」といったキャッチフレーズを知っている方にとっては、加工食品はついつい食べ過ぎてしまうことがわかると思います。

砂糖だけを食べるなら「もういらない」となるんですが脂肪が加わると食欲の際限がなくなるようです。

例えば、食後に饅頭やあんこ餅を食べるとするとすぐに満足しますが、ケーキではどうでしょうか?誕生日やクリスマスに豪華な食事をたらふく食べた後でさえ、ケーキを食べることを苦に感じないのではないでしょうか?

さらに、砂糖、脂肪に塩分が加わると食欲に際限がなくなります。ポテチやフライドポテトはまさに糖質、脂質、塩分が絶妙なバランスなので食べても止まらないんです。

通常は、満腹になるとレプチンという物質が脳に働きかけて食欲を抑えてくれます。

セットポイントが壊れると、レプチンが脳に「もう食べなくてもいいよ!」と指令を出しているのですが、脳は「まだ食べたい!」という指令を出すんです。

加工食品には食欲の際限をなくす作用があるんです。

食品メーカーは、糖質、脂質、塩分の絶妙なバランスを知っており、加工食品を作っています。加工食品のCEOは自社の食品は食べずに健康的な食事をしているとか。

「酷い!」と思っても対策を立てるのはあくまで自分自身なので加工食品を控えてみましょう。

ある食べ物を食べないと1ヶ月で3キロ痩せる

もうおわかりだと思いますが、食べないと痩せる食べ物は加工食品になります。

こんな論文がパレオダイエットの教科書で紹介されていました。

肥満ぎみの男女に加工食品を徹底的にひかえる生活をしてもらったところ、自然と一日の摂取カロリーが2478kcalから1584kcalに減り、3週間で2・5㎏もの体脂肪が減った。(2008年・7)

要するに、加工食品を徹底的に控えることでセットポイントが回復して、食べる量が適量になるということです。

3週間で2.5キロの体脂肪が減ったのであれば、1ヶ月続ければ3キロは痩せられるのではないでしょうか。

痩せるために大事なのは、運動や食事法ではなく、まずはセットポイントの働きを取り戻すことだと思います。

セットポイントさえ整えば、ダイエットしやすい体に変わりますし自然と痩せるというわけです。加工食品以外を食べてカロリーオーバーになっても太り過ぎることもないということですね。

加工食品ではない食品の選び方

加工食品を食べない、控えるってどういうこと?と思った方に食品の選び方をパレオダイエットの教科書からお伝えします。

まずは簡単な方法。原材料がどんな形をしていたのかわからない商品は控えましょう。そのまんまの野菜やフルーツ、肉はオッケーで、ミートボールやスナック菓子のように原材料がわからないのは控えましょう。

これだけを実施するだけでも痩せる体質に変わるでしょう。

きっちりやりたい人は、植物油脂、砂糖、人工甘味料、精製穀物、食品添加物が入ったものや低脂肪食品を食べないようにしましょう。

これらが入ったものは、砂糖、脂肪、塩分が多く食べ過ぎの原因になります。ここを徹底的にすればみるみる痩せるでしょう。

食品添加物を取ると癌になるなんて聞いたことがありますがはっきりわかっていないようです。あくまでセットポイントを回復させて痩せるために加工食品を控えるのがおすすめです。

私はどうちらかというと前者の方を行ってます。原材料がわからないものは食べないように気をつけています。あくまでも気をつけている程度。

さらに毎日のトレーニングを習慣にすることで筋肉質の体を維持できています。

加工食品に気をつけて運動を続ければ、食事管理を頑張り過ぎずに楽に行えると思います。

なので、運動しつつ加工食品を控えるだけでも緩く痩せていくでしょう。

ただし、痩せ体質に変わるまで1年かかると言われているので、加工食品をやめつつ運動を継続しましょう。

まとめ

食べないと1ヶ月で3キロ痩せる食べ物
  • 人には体重維持機能がある
  • 加工食品を食べ過ぎると体重維持機能が壊れ肥満になる
  • 加工食品を徹底的に控えると1ヶ月で3キロ痩せる
  • 加工食品を控えつつ運動するとなお良し

今回のおすすめ本

タイトルとURLをコピーしました