【幸せ】消防士になって良かったこと3つ!【元消防士の本音】

消防士になりたい

「消防士になりたい!けど、災害で死ぬかもしれないし大変だよね。。。消防士のみんなは幸せなのかな?」

  • 消防士になりたい
  • 消防士の家族が心配する
  • 消防士は幸せなのかな?

こんな悩みに答える記事です。

本記事の内容
  • 消防士になりたいならなるべき
  • 家族自身がたくましくなる
  • 消防士は割と自由で幸せ
本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、31歳で公務員(消防士)退職。整体師•トレーナーとして独立するがコロナにより5年で閉店。現在、会社員(リハビリ介護トレーナー)に転職し、YouTubeとブログでフリーランスを目指しています。

参考:広告収入あり▶マサキのYouTubeトレーニング

読書さんへの前置きメッセージ

本記事は『消防士になりたいけど、大変そうで迷っている学生、社会人』に向けて書きました。

実際に僕は2016年3月まで消防士でした。消防士の仕事は大変だけど、どこで働いても大変なのは同じ。一つ言えることは『家族もたくましくなるし、自由に使える時間も多く充実していた』ということ。

本記事を読み終えた後には、『迷わずに消防士になろう!』と思って試験勉強に取り組めるようになりますよ!

  1. 家族がたくましくなる→家族に優しくできる
  2. 消防士の充実感→やりがいあり
  3. 消防士は休日が多い→趣味に没頭

実際に僕は消防士を30歳で辞めていますが、3つの良かったことを得て退職することができました。本当に感謝です。

もし、消防士を続けていたとしたらこの3つを軸に楽しみながら生きる選択をしていたと思います。

とはいえ、良いところばかりではないのも事実。

なので、大変なこともお伝えしつつ、良かったこと3つを紹介します。

消防士になりたいならなるべき

消防士, 緊急, 火, 消火器, 安全性, ヘルメット, 制服, レスキュー, 危険, 部門, 保護, 機器

本題に入る前に結論を言います!『消防士になりたいならなるべき』です。

理由は消防士になって仕事をしないかぎり、良いも悪いもわからないからです。

消防士になるには市町村の公務員試験を受けないといけません。実は年齢制限があるんです。市町村によって違いますが、大卒で22~35歳、高卒で18~30歳と受験年齢に制限があります。

なので、迷っているくらいなら早めに挑戦するべきです。

消防士になってから自分に合っているか考えても遅くありませんよ。

実際に消防士が合わなくて退職して活躍している人もたくさんいるし、消防人生を楽しんでいる人もたくさんいますよ!

再度結論、消防士になりたいなら挑戦してみよう!

僕が消防士を辞めた理由は「やりたいことが変わったから」で、詳しくこちらに書いたのであわせてこちらの記事を読んでくださいね!

無料で資料請求できる公務員オンライン予備校

消防士は大変なのも事実

消防士, ヘルメット, 消防, レスキュー, 保護, 緊急, クローズアップ

消防士はぶっちゃけ大変です。

理由は僕が実際に働いてみて次のようなデメリットを経験したからです。

  • 消防士の仕事は現場だけではない
  • 消防士は危険
  • 消防士は体力が必要
  • 消防士は頭が良い
  • 消防士の部署によっては超大変

消防士の仕事は現場だけではない

消防士といえば火事や交通事故で人を助けるイメージが強いですが、ほんの一部に過ぎません。

実際には総務、予防、警防など現場活動以外の事務仕事がたくさんあります。

現場の訓練をしながら事務をしなければならないし、現場を離れ事務専門になることもあります。

現場だけで働けると思っていたのに、事務専門に回されてショックを受けることもありますよ。

消防士は危険

現場で働く消防士は危険と隣り合わせです。

特にある程度の経験を積んだ20〜30代の消防士は、現場の最前線に行くことが多く危険です。

毎年、数名の消防士が亡くなっているように危険な仕事です。

消防士は体力が必要

消防士は一般人より体力がかなり必要です。

理由は訓練や現場活動を耐えうる体力が必要なのはもちろんですが、24時間勤務しなければなりません。

訓練や現場活動だけではなく、24時間勤務する体力も必要なんです。24時間の中で訓練したり出動したりと大変なんですね。

なので、ほとんどの消防士は休みの日もトレーニングしています。

消防士は頭が良い

消防士は頭が良い人が多いです。中には筋肉バカもいますが、大概の消防士は文武両道です。

なぜなら、災害現場では頭脳戦が多いからです。

例えば、一般の住宅火災では水をかける方向によって風の流れや炎の向きが変わります。闇雲に水をかければいいわけではないんですね。このように現場活動では体力はもちろんのこと頭脳戦が繰り広げられるんですね。

なので、頭が良くないといけません!

消防士の部署によっては超大変

消防士は火消し、レスキュー、救急だけではなく、総務、予防、警防など事務専門の部署もあります。

中でも救急は夜中の出動が多く寝不足は確定。総務などの超忙しい部署に異動すれば残業確定です。

要するに、思い描くカッコいい姿よりも現実的に様々な部署があり超忙しいんです。

まとめると消防士は次の理由で大変なんですね。

  • 消防士の仕事は現場だけではない
  • 消防士は危険
  • 消防士は体力が必要
  • 消防士は頭が良い
  • 消防士の部署によっては超大変

消防士になって良かったこと3つ【元消防士の本音】

日没, 男性, シルエット, 支援, 救いの手, アドベンチャー, 高さ, 登山, 山, ピーク, サミット

消防士は大変ですが消防士になって良かったことがあります。むしろメリットの方が多いです。

消防士になって良かったこと3つは次のとおりです。

  1. 家族がたくましくなる→家族に優しくできる
  2. 消防士の充実感→やりがいあり
  3. 消防士は休日が多い→趣味に没頭
この3つについて詳しく解説しますので、続きをご覧ください。

1.消防士の家族はたくましくなる

消防士になると家族に心配をかけてしまうと思いきや、家族自身がたくましくなります。

理由は息子や旦那が消防士になった場合、災害時には「自分がしっかりしなきゃ!」と家族自身が思い始めるからです。

もちろん、全ての消防士の家族にあてハマることではないです。

あなたが消防士になろうと決意して、家族が応援してくれるなら嬉しいですが、反対する親、嫁、彼女もいるのも事実。

  • 消防士になることを反対する父親、母親
  • 消防士になることを反対する彼女彼氏

僕も10代で消防士になりたいと言ったら母親に反対されました。親は息子を心配するのは当たり前だし、彼女も心配するかもしれませんよね。しかし、消防士になってみると母親も諦めたのか、しっかりし始めました(笑)また、消防士と結婚すればパートナー自身がたくましくなっていくので心配無用です!さらに人を助ける仕事であり、明日死ぬかもしれないと思うと家族に優しくできるものですよ!

なので、「消防士になると家族が心配する」不安は必要なしです。消防士になってしまえば家族がたくましくなるので、むしろなるべきですよ。

2.消防士は休日が多い→多趣味

現場の消防士は休日がとても多いです。

理由は24時間勤務で、労働基準法を満たすように働くと1ヶ月で10〜12日の勤務になるからです。

言い換えると1ヶ月の半数が休みなんです。

なので、自分の趣味をとことん楽しむことがでぎした。

でも、これは現場の消防士のみで事務専門の部署に異動させられると土日祝日休みのサラリーマンと変わりません。現場に居続ける対処法としては、出世を最低限に抑えておけば、大概の消防士は現場での仕事が多くなります。実際に現場が長い消防士は出世欲低めでした。現場で活躍し続けたいなら出世は最低限に抑えることです。

僕は趣味も謳歌できたし、退職数年前からは次の仕事に生かすスキルアップにも時間を使えました!

要するに、休みが多いので有効に使えば幸せなんです!

3.消防士はやりがいがあり→生きる実感

消防士は人助けなのでやりがいがあります。

火災や交通事故、災害から人の命を助けるのが消防士の仕事です。実際に救助を経験し、とても幸せな気持ちになれました。

火災など危険なところへ行くわけで、生きている実感も得られます。

大きな火災から帰って来れたときには、『今日も無事に帰ってこれた!』と充実感が溢れてきました。

実際に消防士を経験した僕は、やりがいや生きている実感を得られ幸せでした。

  • 消防士はやりがいあり→生きる実感
  • 消防士は休日が多い→多趣味
  • 結論:消防士は自由で幸せ

結論:消防士は割と自由で幸せ

山, ページのトップへ, マウンテニア, シルエット, ハイカー, 登山, ハイキング

僕が一番強調したいのが、消防士は割と自由で幸せです。

理由はやりがいや充実感が高く、休みも多いからです!

ただし、出世しすぎると現場にはいられなくなり幹部候補にまでなれば割と忙しいです。

なので、若いうちは現場で働いて充実感を得ながら、休みの日を楽しみましょう!

消防士になりたいならなろう!

結論、消防士になりたいならなるべきです。

理由は「人生一度っきり」なのでやりたいと思うなら挑戦するべきです!

実際に僕も消防士になってみてかなり成長できました。体はもちろんメンタル的に強くなれたし、仕事のやり方など様々な面で成長できました。

なので、消防士になりたいと思うなら一度なってみましょう!

消防士は地方公務員試験に受からないとダメ

ボード, 学校, ユニ, 学ぶ, 仕事, テスト, 適性検査, 実験, コントロール, サンプル, 調査

しかし、消防士は地方公務員なので公務員試験に合格しなければなりません。

中でも一次試験の筆記が大切になります。

公務員試験は独特なので、学校の勉強ができても高得点は取りにくいんですね。独学も厳しいと思います。僕は公務員予備校に通い、1日5〜8時間くらい勉強をしました。それを半年継続したんですね。

僕の学力は普通の下くらいでしたけど、公務員予備校の授業と自主的な勉強を5〜8時間した結果、消防士の試験に合格しました。

なので、今はオンラインスクールもあるので予備校で徹底的に勉強すれば一次試験を突破できますよ!

公務員試験対策におすすめ通信講座

消防士の二次試験は体力

男, 女性, プッシュアップ, ウェルネス, 運動, ペア, カップル, 適合, フィットネス, スポーツ

消防士の二次試験は体力試験になります。

各地域によって内容が異なりますが、これくらいできれば大丈夫です!

  • 腕立て伏せ2分→50回以上
  • 腹筋2分→50回以上
  • 背筋2分→70回以上
  • 懸垂→10回以上
  • 持久走→1500メートルを7分以内で走る体力

これくらいできれば大丈夫です。

ぶっちゃけ体力がない肥満気味の人も受かっているのが事実。体力は人並みにあればOKですが、試験ですから得意な種目を伸ばしておくことをおすすめします。実際に僕は腹筋、背筋、懸垂を頑張りました。

なので、体力は人並みを目指しつつ得意分野をトレーニングしておきましょう!

とにかく一次試験の筆記を頑張りましょう!

まとめ:消防士になりたいならなろう!

消防士になりたいならなろう!

理由は「人生一度きり」だから若いうちに挑戦するべきです。

若いうちといっても消防士は30歳くらいまでなら受験資格ありますよ!市町村や高卒、大卒で受験できる年齢が違いますが、若いうちに試験を受けてみましょう!

ただし、公務員試験は闇雲に受けても受かるものではないので、事前の勉強をしっかりしてから受けましょう!

もし、あなたが本気で消防士になりたいなら本気で勉強するはずです!

しっかり勉強してから挑戦しましょうね!

消防士になりたい人におすすめ通信講座

タイトルとURLをコピーしました