ホームランを打つための身体の使い方トレーニング「でんでん太鼓スワイショウまとめ」

野球

野球で「ホームランを打ちたい」「遠くへ飛ばしたい」「パワーが欲しい」と願う選手は多いと思います。

僕もその一人でしたが、身長170㎝、体重62㎏と小柄な方でしたので諦めていました。高校球児のときは、セーフティーバントや流し打ちなどを鍛えていましたね(笑)

そんな遠くへ打ちたい、ホームランを打ちたいという野球選手のお悩みに応えていきます。

結論をいうと、小柄でもホームランを打てます。以下の内容をやって「力み」を取り、柔らかい動作ができれば誰でもホームランを打てますよ!

柔らかい動作は、スポーツセンス向上に繋がりますから、下手でも諦めないでください!

それでは、「ホームランを打ちたい」と思うあなたは最後までお読みください!

スイングスピードを上げるなら「でんでん太鼓古武術体操スワイショウ」

スイングスピードを上げて効率良く自分の体重を伝えて打つには、力みがあってはいけません。

しかし、学校の先生や監督、コーチが教えてくれるバッティングは力を入れて打つものばかりです。

最近では野球YouTuberの方々が身体の使い方で打つ方法などを公開してくれていますが、指導者層には広まっていないように思います。

また、スポーツで1番大事な正中線、センターラインについて教えてくれる人は少ないんです。

大事な正中線、センターラインができた状態で力みなく身体を使うからこそ、下手な選手でもホームランが打てるようになります。

下手だからと諦めないで、正中線づくりとリラックスした身体の使い方ができるように努力すれば上手い選手を超えることができます。

なので、正中線をつくりつつ力みなく動けるトレーニングになる「でんでん太鼓スワイショウ」を毎日やりましょう!

スワイショウのやり方は下記動画をご覧ください↓↓

スイングスピードを上げるなら「でんでん太鼓古武術体操スワイショウ」

【股関節】でんでん太鼓でスイングスピードアップ!古武術体操スワイショウから考察

バッティングの回転の要は股関節になります。

みんな腰を回そうと努力しますが、腰を回して腰椎分離症、筋筋膜性腰痛などになっている選手がたくさんいます。

小学生で腰痛になる選手もいるくらいです。小学生で腰痛になるような指導をしているとなれば少し問題ですね。

実は、腰は回らないんです。首は回りますよね?胸も回りやすいですよね?

腰(ウェスト)だけを回してみてください!回らないですよね?

そうなんです!腰は回らないのに「腰を使え!」と半ば強制的に指導して、素直な選手は腰を過剰に使おうとして腰痛になるんです。

大事なのが股関節なんです!歩きの方向転換なども股関節が大事なんです!

同じようにスイングの起点になるのも股関節なんです!

股関節の使い方が上手くなるでんでん太鼓スワイショウの解説はこちらの動画をご覧くださいね↓↓

スイングスピードを上げるなら「でんでん太鼓古武術体操スワイショウ」

【胸の回転】でんでん太鼓でスイングスピードアップ「スワイショウ」

みんな腰で回転しようと腰を捻りますが、捻りが得意なのは胸なんです。

やってみるとわかりますが、腰だけを捻るとあまり捻れないのがわかります。

反対に胸というか、みぞおちあたりから捻ると捻りやすいのがわかります。

要は、捻りの角度は腰から首に向かっていくにしたがって大きくなるんです。

首は左右に180°回りますよね?

というように腰を捻ってもスイングが早くなりません。

といっても胸単体で回転しても大したスイングスピードになりません。

股関節を基点に胸も一緒に回るといいんです。

昔は、足→膝→股関節→腰のような順番でスイングすると教えられていましたが、よーくプロ野球選手を観察すると、全部が一緒に動いてます。

なので、股関節の回転を基点に胸も一緒に回るといいんです。

言葉ではわかりにくいので、ぜひ下記動画をご覧ください!

【胸の回転】でんでん太鼓でスイングスピードアップ「スワイショウ」

ホームランを打つための【身体の使い方】をでんでん太鼓スワイショウから考察

ホームランはパワーというよりもコツが大事になるんです!

コツさえ掴めば引っ張って打つホームランは簡単だといえます。

でんでん太鼓スワイショウを続けていると身体の余分な力が抜けていきます。

余分な力が抜けて、打つと身体の重み、腕の重み、バットの重みが無駄なくボールへ伝わります。

要するに、無駄な力みがなくなることでボールへの力の伝達が上手くなるんです。

といっても力を抜いて打つだけではボールを打ち上げることができません。

なので、胸や肩、肘の回転と抜きを上手く使ってあげるのです。

胸や肩、肘の回転を文章で説明するのが難しいので、ぜひ下記動画でご覧くださいね!

ホームランを打つための【身体の使い方】をでんでん太鼓スワイショウから考察

スワイショウよりも大切な日常の身体の使い方

ここまでスワイショウを中心に書いてきましたが、もっと大切なことがあります。それはいったい何でしょうか?

普段の身体の使い方なんです。ある番組で、シアトルマリナーズ時代のイチロー選手が「普段の動作を気を付けている」と言っていました。

整体師的に解説すると、普段の身体の使い方が下手な選手ほど、筋肉が硬く歪んでいます。というのも、普段から歪むようなだらしない生活動作が積み重なって身体が硬くなるんです。身体が硬いのはアスリートとして致命的なんです。

普段のだらしない動作がスポーツ競技の基盤になってしまいます。どんなに競技中だけ良い動きをしようと思っても普段の癖が必ず出てしまいます。

なので、スワイショウを毎日しても普段の身体の使い方を見直さないと効果はありません。

どうすればいいかというと、「優しい動き」と「華の動き」を日常動作にするんです!

「優しい動き」は日本人の歴史や文化を考察してできた日常動作法です。「華の動き」は欧米人の歴史や文化を考察してできた日常動作法です。

日本人と欧米人の身体の使い方を学び、自分のスポーツ競技に合っている方で日常を過ごしてください。どちらの動作法もスポーツで大事な正中線をつくる目的がありますので、スワイショウだけではなく日常生活でセンターラインをつくることができます。

なので、スポーツセンス向上に最も大切な正中線づくりにおすすめな身体の使い方になるんです。

「優しい動き」と「華の動き」は、整体師、催眠療法師、武術研究家の新井洋次先生が考案した身体の使い方になります。

そんな身体の使い方の電子書籍を僕が書かせていただきました。AmazonKindleで500円で発売しています。

残念ながら、筋トレ、体幹トレーニング、ストレッチで野球が上手くなりたいと思っている選手には向いていない本です。

反対に、「柔らかい動作でホームランを打ちたい」「センスを上げたい」「怪我のしにくい体をつくりたい」といったあなたにおすすめです。

「優しい動き」と「華の動き」の電子書籍は下記Amazonリンクからご購入くださいね↓↓

 

タイトルとURLをコピーしました