【公務員を辞める】もったいないのは嘘【元消防士の本音】

公務員を辞めたい

「公務員を辞めたいけど、もったいないよね。でも、辞めたい。。。」

  • 公務員を辞めたい
  • 公務員退職はもったいない
  • でも、辞めたい!

こんな悩みに答えます。

本記事の内容
  • 公務員を辞めるのはもったいなくない
  • 公務員を辞めた方がいい、辞めない方がいい人
  • 公務員退職【事前計画】で問題なし
本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、31歳で公務員(消防士)退職。整体師•トレーナーとして独立するがコロナにより5年で閉店。現在、会社員(リハビリ介護トレーナー)に転職し、YouTubeとブログでフリーランスを目指しています。

参考:広告収入あり▶マサキのYouTubeトレーニング

読書さんへの前置きメッセージ

本記事は『公務員を辞めたいけどもったいない!でも、辞めたい!』という人に向けて書いてます!

実際に僕は2015年に地方公務員である消防士を辞めました。もったいないと思う気持ちもわかりますが、辞めてやりたいことに挑戦できて幸せです。

この記事では、元公務員が『公務員を辞めるのはもったいのは嘘!』と経験をもとに書いてます。

本記事を読み終えた後には、『公務員を辞めても大丈夫!』と思えるようになり行動できますよ!

3分ほどで読めるので、早速始めましょう!

【公務員を辞める】もったいないのは嘘【元消防士の本音】

https://twitter.com/masablog11/status/1415506912284606466?s=21

公務員を辞めるのはもったいなくないですよ😊理由は働き方が自由になるからです。例えば、転職してキャリアアップするのもありだし、副業するのもあり。働き方を選べない公務員が合わない人は違う道を考えるのもいいと思います😊

とツイートしました。

実際に公務員を辞めた僕はやりたいことに挑戦しています。退職後は消防士時代に培ったトレーニングや体の知識を生かし、トレーナーや整体師として独立しました。結婚を機に整体業だけでは厳しくなり、パートをしながら自営を続けていました。

しかし、子供もできてお金を稼ぎたいと思い、会社員に転職しながら現在は副業をしています。

副業は主にYouTubeとブログでして、収益が発生するようになり面白くなってきました。特にYouTubeは視聴者のためになることを発信してお金を得られることに喜びを感じます。

僕はこんな感じでいろんなことに挑戦した結果、『お金があると便利』だと思い、本業と副業に専念しています。

いろんな捉え方があるけど、僕は辞めたことで『やりたいことに挑戦できて幸せ』です。

公務員を辞めるのがもったいない理由

スタートアップ, ホワイト ボード, ルーム, 屋内で, 大人, オフィス, 人, ビジネス, 技術, 事業者

公務員を辞めるのがもったい理由は次の3つです。

  • 安定した固定級
  • 部署次第ではノー残業
  • 家族からの信頼性

大きく考えられるのはこの3つだと思います。

この3つが保証されているから、『キャリアアップのための転職』『副業ができる職場選び』『フリーランスになる』と決断できないんだと思います。

なので、この3つによって公務員をやめるのがもったいないと思ってしまいます。

辞めた僕から言えることは『やりたいことができずにストレスが溜まる』なら公務員を辞める価値があると思います。

公務員を辞めるメリットが大きい【元消防士の本音】

技術革新, ビジネス, 実業家, 情報, プレゼンテーション, グラフ, アイコン, 説明します

『やりたいことがある』のであれば、公務員を辞めるメリットは大きいです。

なぜなら、やりたいことに挑戦しながら働けることは心の充実感に繋がるからです。

実際に僕はYouTubeやブログができて毎日を楽しめています。消防士時代からYouTubeやブログで稼ぎたいと思っていましたので、雑魚レベルではあるが実践できいます。でも、公務員だとYouTubeやブログがやりにくいですよね。消防士時代の僕は「上司にバレるんじゃないか?」という不安があり、挑戦できませんでした。

公務員を辞めた今は、会社員としてがっちり働けるし、収益が発生したYouTube、ブログも楽しくできています。

簡単に言うと『公務員の制約から解放されると、やりたいことに挑戦できる!』というメリットがあるんです。

なので、公務員という立場によってやりたいことができないのであれば、辞めるメリットは大きいんですね!

やりたい仕事があるなら無料登録できる転職サイトを昼休みに眺めるのもあり。

公務員を辞めない方がいい人の特徴

停止, 記号, 交通標識, 道路標識, 注意, 警告

結論、『激務で辞めたい!』と思っているなら公務員は辞めない方がいいです。

理由は今の部署にいるから激務なだけで、暇な部署もあるんです。もし、暇な部署で安定した高い給料を貰えるならどうでしょうか?ぶっちゃけ忙しいを理由にして辞める必要がないですよね。

実際に公務員は2~3年に1回ほどの部署異動があるので、ずっと激務な部署にいるわけではありません。

事実、部署によって激務か暇か分かれます。

僕は消防士でしたが、レスキュー、救急、事務職で業務量が圧倒的に変わりました。救急は出動回数が半端ないので疲れます。レスキューは訓練はきついですが出動はあまりないので若い内はおすすめ。忙しくない事務職は定時に帰れます。

 

なので、激務だと思っているのは今の部署にいる間だけです。

公務員の激務に対する対処法は次のとおりです。

  • 仕事の効率化をする
  • 異動希望を強く申請する

仕事の効率化

仕事の効率化は自分自身のスキルアップに繋がるのでやるべきです。

僕が消防事務時代にやっていた効率化対策は次のとおりです。

  • 時間割をつくる
  • 朝一の電話がない時間→大事な仕事に集中
  • 電話が多い時間帯→重要でない雑務
  • 昼休みは電話対応なし→大事な仕事をする
  • 外勤中→小休憩とおにぎりで昼食
このように工夫すれば残業時間を減らせます。僕がいた地域では、時間外勤務手当は月で7時間以内と決まっていたので、時間を超えて無駄に働き過ぎるとストレスになるのも事実。手当てが出る範囲内で仕事が終わるように工夫すれば、あなた自身のスキルアップになるしストレスも減ります。

実際に僕も、効率化を練習したおかげで現在の本業と副業に役立っています。

なので、あなたに合った方法で仕事の効率化を図ってくださいね!

異動希望を強く申請する

公務員は異動申請を強く希望すれば割と通りやすいと思います。

なぜなら、正当な理由であれば異動させざるを得ないからです。

異動申請が通る正当な理由

  • 心身の疲労→診断書あると確実
  • 家族が大変→親の介護、子供が病気がちなど

しかし、『自分が今の部署に向いていない』を理由にすると異動は無理だと思います。みんな忙しくて異動したいのは同じなので、いちいち聞いてられません。

僕は公務員のメンタルヘルスのアンケートに真面目に答えたら心療内科をすすめられた経験があります。『心療内科をすすめられほどストレスが溜まっている』なら異動対象になるかもしれませんが、診療内科の診断書があると確実ですね。

あいつはメンタルが弱いとレッテルを貼られるかもですが、今後、激務になることはありません。事実、そうした職員を見てきましたが楽しそうに働いていましたよ。

もうひとつは、家族の事情を理由にすると異動申請が通りやすいです。

実際に僕が使ったのは『親の介護』です。嘘ではなく事実でしたので、すんなり異動できました。

家族の事情は嘘をつくと後々面倒なので、なるべく事実に近づけて上手く使えばいいかと思います。

結論、激務なら仕事の効率化を図るか異動申請を強く出していきしょう!辞めるのはもったいないですよ!

公務員の事務作業は90%が無意味だと思い記事を書きました。対処法も書いたのであわせてこちらの記事を読んでくださいね!

公務員を辞めた方がいい人の特徴

達成します, 女性, 女の子, 跳躍, 実行している, スポーツ, 陽気です, 運動選手, ランナー

結論から言うと『他にやりたいことがある人』は公務員を辞めるべきです。

なぜなら、やりたいことがあって我慢するのは後々の後悔に繋がるからです。

例えば、公務員ではなく民間企業でやりたい仕事があるのにやらないのはもったいないです。やりたいことがあるのに公務員の制約によってできないのは後から後悔します。

実際に僕も消防士のトレーニングや体の知識を生かしてトレーナーになりたいと思い、マッサージなどを勉強し独立しました。結果的にコロナで閉店しましたが、やって良かったです。おかげでYouTubeのスキルやブログを書けるようになったので、会社員をしながら副業ができています。

失敗の中から学び、働き方を変えたことでYouTubeやブログを伸ばすことができました。こういう経験をすると失敗を生かすこともできるし、情報発信のネタにもなります。

要は捉え方次第なんですね!

なので、公務員以外の仕事でやりたいことがある人は辞める価値ありですよ!

公務員の辞め方次第では【失敗確定】

難民, 経済的移民, 財政均等化, ヘルプ, 証券取引所, お支払い, グラフ, 銀行, 経済, 金融

公務員の辞め方を間違えると失敗確定です。

なぜなら、公務員は失業保険がないので、勢いで退職すると無収入です。貯金があっても無収入では不安になるのが人の心理です。

退職後に不安で転職活動をしても上手くいきません。焦ってしまい、希望していない会社に転職してしまう可能性が高くなります。

お金=心の安定なので、勢いで辞めるのはやめましょう!

20代向け、30代向けに公務員を辞めるための事前行動を詳しく書きましたで、あわせてこちらの記事を読んでくださいね!

公務員を合理的に辞める【事前計画】

ビジネスのアイデア, 計画, ボード, 事業計画, ビジネス, 戦略, ビジョン, ミッション, 仕事, 経済

公務員を合理的に辞めるなら事前計画しましょう!

理由は在職中に転職活動やスキルアップをしておくと退職後にすぐに収入を得られるからです。

実際に僕も消防士在職中にマッサージやトレーニングの技術を磨いて、退職後すぐに独立する準備をしていました。

なので、公務員在職中に転職活動や独立するための活動をしておくと、退職後すぐに働けるので安心できますよ!

転職を考えているなら無料転職サイトに登録して昼休みに眺めておくといいですね。

公務員より高収入を目指したいあなたはこちらの記事を合わせてお読みくださいね。

まとめ:公務員を辞めても問題なし

結論、公務員を辞めても問題なしです。

ただし、条件があります。

『やりたいことに挑戦したい!』と思っている方は公務員を辞めても問題なしです。

たとえ失敗したとしても、やりたいことに挑戦する行動ができれば、失敗してもまた行動できますよ!反対に『仕事が忙しいから辞める』となると後から後悔すると思います。

再度結論、『やりたいことがある』なら公務員を辞めて挑戦しましょう!『計画的』に挑戦してください!

公務員を辞めたいけど一歩が踏み出せない方はあわせてこちらの記事を読んでくださいね!

タイトルとURLをコピーしました