【転職と副業】プログラミングスクールのおすすめ6社【目的別注意点】

プログラミング

「プログラミングを習って転職しつつ副業をしたい。後々はフリーランスとして独立したい!」

  • プログラミングスクールを探している
  • プログラミングを習い転職がしたい
  • プログラミングで副業がしたい

こんな悩みを解決する記事です。

本記事の内容
  • プログラミングスクールを選ぶ目的を明確にする
  • 転職・副業プログラミングスクールおすすめ6社
  • 無料体験・カウンセリングを必ず受ける
本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、31歳で公務員(消防士)退職。整体師•トレーナーとして独立するがコロナにより5年で閉店。現在、会社員(リハビリ介護トレーナー)に転職し、YouTubeとブログで収入アップを目指しています。

参考:広告収入あり▶マサキのYouTubeトレーニング

読書さんへの事前メッセージ

この記事は僕が28歳で公務員を辞める決断をした当時の自分に向けて書いています。

理由は「もし今、公務員を辞めるならプログラミングを習ってエンジニアに転職しつつ、フリーランスを目指すのもあり」と思うからです。

現在、僕はYouTubeやブログからの収益を得られるようになりましたが、2年ほど継続しました。しかし、今考えるとプログラミングの仕事をしつつ副業をした方が稼げると思っています。

本記事を読み終えた後にはプログラミングスクールの選び方がわかり、転職と副業に生かせるようになりますよ!

3分で読み終えますので、さっそく始めましょう!

【転職と副業】にプログラミングスクールがおすすめな理由

結論、エンジニアの年収は高いのでプログラミングスクールに通う価値ありです。

理由は、エンジニアの収入は日本全体の平均年収より約110万円も高いからです。さらに2030年にはIT業界で約79万人の人材不足が予想されているので、今からスキルを身に付ければ高収入を見込めるんですね。

最近ではコロナの影響もあり、オンラインで受講できるスクールも増えているので、田舎に居ても習えるメリットがあります。また、プログラミングを軸にフリーランスで活躍する人も多いので、エンジニアに転職しつつ副業を伸ばせば、後々に独立も可能ですね。

なので、プログラミングスクールに通うなら『今』と言えます。

プログラミングスクールを選ぶなら【目的を明確にする】

プログラミングスクールを選ぶときは目的を明確にしないと失敗します。

なぜなら、エンジニアとして転職したいのに副業向けのスクールに通っては元も子もないからです。

転職したいなら転職支援をしてくれるスクールに通うべきだし、副業したいなら副業のやり方を教えてくれるスクールに通うべきです。

なので、目的を明確にしつつプログラミングスクールを紹介します。

プログラミングスクールを選ぶ目的を明確にする

目的地, ゴール, 目的, 目標, 目当て, 理想, 行き先, ターゲット, 標的, ガイド, 目印, 到達点

プログラミングスクールを選ぶときの目的は次のとおりです。

  • 目的1:オンラインかオフラインか?
  • 目的2:料金はいくらか?
  • 目的3:学習期間はどれくらいか?
  • 目的4:転職の支援はあるのか?
  • 目的5:副業に使えるスキルか?

それでは詳しく見ていきましょう!

目的1:オンラインかオフラインか

プログラミングスクール選びにオンラインとオフラインを比較しましょう。

実はオンラインとオフラインにもメリット、デメリットがあります。

オンラインのメリット

  • どこでも学習OK←仕事しながら学べる
  • 動画で学習←復習可能
  • 料金安め←20代にありがたい

オンラインのデメリット

  • 仲間がいない←モチベーション維持が難しい
  • 質問の回答をすぐに得られない←講師とチャットを使ってのやり取り

オンラインには時間、場所を問わないメリットがあるものの、仲間がいないためにモチベーション維持が難しくなります。

なので、『自分でやり遂げる自信がある!』人はオンラインが向いています!

オフラインのメリット

  • 一緒に学べる仲間←モチベーションアップ
  • 仲間と話す←記憶力アップで効率的
  • いつでも質問可能←講師に対面で質問可能

オフラインのデメリット

  • 通う手間←田舎民は通えない
  • 料金高め←講師の直接指導で高め

オフラインは、講師と直接コミュニケーションを取れるため、わからないところを細部まで深堀できます。仲間もでき、プログラミングについて語ることで学習効果も高まります。しかし、教室は都心部にあるため田舎民には通えません。

なので、自分の住んでいる地域を考えつつ『仲間がいるとモチベーションが上がる!』という方はオフラインがおすすめです!

目的2:料金はいくらか?

プログラミングスクールの料金は安いところで5~30万円、高いところで50万円以上です。

違いは大きく分けて2つです。

  • 5~30万円:オンラインが多く転職支援が薄い、副業におすすめ
  • 50万円以上:オフラインが多く転職支援が手厚い、就職率が圧倒的に高い

料金でみると転職支援が有無によって料金が変わるスクールが多いです。

なので、目的が『転職か副業か』で選ぶといいですね。

目的3:学習期間はどれくらいか?

プログラミングスクールの学習期間を選びましょう。

理由は1日に学習できる時間は人それぞれ違うからです。

何事にも言えますが基礎を学ぶまでには、それなりの時間が必要です。プログラミングも同じで短時間で習得できるものではありません。

例えば、学習時間が300時間の講習を受けるとします。

  • 1週間で20時間のカリキュラム→3ヶ月
  • 1週間で10時間のカリキュラム→6ヶ月

なので、自分の仕事の状況などを考えた上でコースを決めた方がいいです。また、短期集中で学習時間が短いコースでは、深いところまで学べない可能性もあります。

今一度、『転職するために必要なスキルを得られるか?副業で使いたいスキルか?』などを考えてみましょう!

目的4:転職の支援はあるのか?

プログラミングスクールを選ぶときに転職・就職が目的なら『転職支援』があるもの選びましょう。

理由は転職支援があるスクールの紹介で大手に就職できる可能性が高いからです。

例えば、DMM WEBCAMPは転職支援が手厚く、転職成功率98%に加え、転職・就職できなければ授業料が全額返金されます。

エンジニアとして就職を目指すなら、転職支援が手厚いプログラミングスクールを選びましょう!

目的5:副業に使えるスキルか?

プログラミングスクールを選ぶなら副業として使えるスキルかを比較しましょう。

理由は副業として成り立つスキルがないと仕事を受注できないからです。

例えば、CodeCampのWebマスターコースでは自前でWebサイトを作れるスキルが習得できます。

なので、『プログラミングを自分でできるようになる』スクールを選ぶのが副業に繋がりますよ!

プログラミングスクール6社を目的別に紹介

プログラミングスクールが多くて自分で比較するのが難しい人のために、目的別に紹介するので確認してくださいね。

目的別プログラミングスクール

  • コスパ最強!安さで選ぶならSkillHacks
  • 初心者から副業向けオンライン学習ならTechAcademy 
  • 初めてのWeb制作から転職・副業に強いCodeCamp
  • 4か月でエンジニア実務レベルへ!20代の転職向けCodeCampGATE
  • 転職支援ありで選べるオン・オフラインtech boost
  • 転職率98%で返金保証、キャッシュバックありDMM WEB CAMP

コスパ最強!安さで選ぶなら『スキルハックス』

安い料金で選ぶならSkillHacksが最強です。

なぜなら69,800円と他者と比較しても圧倒的に安いからです。相場は10万~100万なので、コスパ最強ですね。

コスパ最強の理由は『初心者脱却』が目的だからです。とはいえ、Webやアプリ開発までできるサポートをしてくれるので安心。

『SkillHacks』の特徴

  • プログラミングに興味があるが何から学んでいいかわからない方
  • Webアプリケーション開発をやってみたい方
  • 以前プログラミングに挫折した方
  • 手軽な価格でメンターをつけたい初心者の方
  • エンジニアを目指す第一歩を踏み出したい方

なので、学生や就職したての20代前半で、『お金がないけどプログラミングを習いたい!』という方におすすめです。

初心者がオンライン学習するなら『Tech Academy』

初心者におすすめなのがTechAcademy です。

理由は『Tech Academy はじめてのプログラミングコース』が初心向けに設定されているからです。しかも、オンラインで完結でどこでも習えるし、料金も安めの設定で嬉しいですね。

『Tech Academy はじめてのプログラミングコース』の特徴

  • 非エンジニアの方
  • プログラミングに興味のある方
  • 開発者とのコミュニケーションを円滑にしたい方
  • 教養としてのプログラミングを身に付けたい方

料金はプランによって違いますが、174,900円(税込)から受講できます。

オンライン完結なので、田舎にいても受講できるのが嬉しいですよね。初心者でオンラインで受講したい方におすすめです。

TechAcademy をもっと詳しく見る

初めてのWeb制作で副業に強い『CodeCamp』

初心者だけどプログラミングで副業をしたい!と考えているらCodeCampがおすすめ。

理由は、プログラミング経験ゼロからWebサイトが作れるようになるからです。

『CodeCamp』の特徴

  • 経験豊富なエンジニア講師による、どこよりも手厚い個別指導
  • 自分でできるようになるまで、課題の提出・添削を無制限で受けられる
  • 仕事や学業と両立、毎日7時〜24時まで時間・場所を選ばずに学習できる

料金はプランによって変わりますが、最安で165,000円からです。

未経験でも経験豊富なエンジニア講師が教えてくれます。自作でWebサイトが作れるスキルを身につけて副業に生かしたい方におすすめです。

CodeCampをもっと詳しく見る

4か月でエンジニア実務レベルへ!20代の転職向け『CodeCampGATE』

20代でエンジニアに転職したいならCodeCampGATEがおすすめ!

なぜなら、未経験からWebサービスを開発するためのスキルと実践力を磨き、エンジニアとして転職し活躍できるからです。

『Code Camp GATE』の特徴

  • どこよりも手厚いマンツーマンサポート
  • 実践力を磨くチーム開発演習
  • プロによる万全のキャリア支援

料金は495,000円(税込)で4か月の講習です。

20代の大学生と社会人を対象にしたキャリア支援が手厚いので、エンジニアに転職したい20代にはおすすめです!

CodeCampGATEをもっと詳しく見る

転職、独立のキャリアサポート充実『tech boost』

転職支援を受けたい、独立したいなど目的に合わせたサポートを受けるならtech boostがおすすめです。

理由はエンジニアに特化したキャリアサービスを行なっているからです。

『tech boost』の特徴

  • 体系的なカリキュラム
  • 質問できる環境
  • モチベーション管理
  • 基礎が身に付く実践練習

料金はコースによりますが、最安で126,500円からです。

「転職、就職、独立」など様々な目的に対応しているので、転職後の独立を視野に入れている方におすすめです。

tech boostをもっと詳しく見る

転職率98%『DMM WEBCAMP』

最短での転職を視野に入れているならDMM WEB CAMPがおすすめです。

理由は『転職率98%!』。転職できなかった場合は全額返金保証付きなので安心です!

コースは2つ

  • 短期集中コース 690,800円(税込)
  • 専門技術コース 910800円(税込)←最大560,000円キャッシュバックあり

専門技術コースは910,800円(税込)と高いですが、厚生労働省指定の専門実践教育訓練給付金制度の対象講座に認定され、最大560,000円の助成が受けられます。助成を受けるための条件がありますが、最大で910,800円→350,800円までの割引になります。

『DMM WEBCAMP 』の特徴

  • 未経験からエンジニアを目指したい方
  • 将来のキャリアに不安を感じる方
  • 最短で正社員に転職したい方

料金は高めですが、キャッシュバックを利用すれば割安ですし、転職支援が暑いので就職できるメリットを考えれば、長期的にみておすすめなスクールです!

DMM WEB CAMPをもっと詳しく見る

最後に:必ず無料体験・カウンセリングを受けよう

プログラミングスクール選びで迷っているなら必ず無料体験・カウンセリングを受けましょう。

なぜなら、あなたの目的に合わせてコースを選んでくれるからです。また、体験をすることでプログラミングについて理解できるので、自分がやりたいプログラミングを見つけることができます。

例えば、プログラミングで転職か副業で迷っている場合。プログラミングスクールの専門家に相談すると「プログラミングで転職をして働きながら副業をしましょう。プログラミングが本業と副業で出来ればスキルアップも早いですよ!」といったアドバイスをもらえるかもしれませんよね。自分で決めるより、プログラミングに精通している人のアドバイスを受けた方がスクール選びに失敗しないですよ。

要するに、転職か副業かでプログラミングスキルが異なってくるので、体験をして相談し納得のいくプログラミングスクールに通いましょう。

無料体験•カウンセリングは2社以上受けよう

無料体験•カウンセリングは2社以上受けましょう!

理由は1社のみの無料相談では比較対象がないからです。2社以上の無料体験・カウンセリングを受ければ、他社と比較ができます。比較して初めてメリット、デメリットがわかります。

数社を比較する理由は次のとおりです。

  • スクールの雰囲気が自分に合うか
  • スクール内容が目的に合っているか
  • コースの受講期間が自分のライフスタイルに合っているか
  • 料金と内容が自分に見合っているか

サイト情報だけでは判断を誤る可能性があるので、無料体験•カウンセリングは受けましょう!実際に話してみると、スクールの雰囲気が掴め、自分に合っているところを探せますよ!

なので、無料体験•カウンセリングは必ず受けてくださいね!

無料体験•カウンセリングを受けられるスクールは次の5社です↓↓

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました