消防士を辞めたい消防士へ!僕は【地方公務員】を辞めました!

消防士を辞めたい

公務員である消防士を辞めたいと悩んでいませんか?

  • 消防士を辞めたいと悩んでいる
  • 公務員は安定しているし辞めにくい
  • 消防士をこのまま続けるべきか

今回はこのような悩みがある方に向けて書いてます。

本記事の内容
  • 消防士が向いてなかったから辞めました
  • 消防士のストレスから解放されて幸せ
  • やりたいことができる充実感
本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、31歳で公務員(消防士)を退職、整体師•トレーナーで独立するもコロナにより5年で閉店。現在、会社員(リハビリ介護トレーナー)に転職し、YouTubeとブログで稼ぎつつ年収アップを目指しています。

参考:広告収入あり▶マサキのYouTubeトレーニング

読者さんへの前置きメッセージ

この記事では「僕が20代の頃に辞める決断をする前に聞きたかった話」をします。

僕は2015年に消防士を辞めて独立しましたがコロナの影響もあり、5年で閉店しています。しかし、準備を怠っていれば1年持たずに終わっていたはず。その後、転職でき『やりたいYoutubeやブログを継続』しながら働けています。

ゆくゆくはYouTubeとブログでご飯を食べていけるようになりたいと思っていますが、お金が必要なのは事実。実際に会社員である現在も転職サイトに登録しており、いつでも副業OKな優良企業に転職できるようにしています。
 

そして、実際に消防士を辞めた僕から消防士を辞めたい方へ伝えたいメッセージが3つあります。

  • 人生は1度切り
  • ストレス
  • 生き方

この3つのメッセージに出会っていれば、もっと早く辞めて『やりたいことに挑戦』していました。

本記事を読み終えた後は『嫌々消防士を続けても幸せじゃない!』と理解でき『辞めても問題なし』と思えるはず。

3分ほどで読み終えるので、さっそく始めましょう!


消防士を辞めたい理由をお話しする前に

このタイトルに本質的な意味はなく、消防士や公務員が読むきっかけをつくるためのタイトルです。

そのため、『消防士について詳しく知りたい』と思った方の期待には応えられません。一方で『消防士や公務員が嫌で悩んでいる方』には読んでほしい記事です。これからお話しする「消防士」に対する考え方は、個人的な考え方です。もし途中で気分を害されたらページを閉じてください。

その代わり、僕の消防士に対する本音を書かせていただきます。全ての消防士の人生が良い方向に進んでほしい』と思い書きました。

消防士を辞めたい理由は消防士に向いていなかったから

キャリア, 消防士, リラックス, 仕事, 職業, 従業員, 募集, ボランティア, 人々 を助ける

消防士を辞めたいと思った理由は、『消防士に向いてなかったから。自分で稼げるようになりたかったから。』です。

消防士という仕事が悪いのではなく、『僕の性格が消防士に向いていなかったから。』ただそれだけなんです。

消防士に向いていなかった理由

『消防士に向いていない』と強く思ったことが2つあります。

  • 上司先輩の顔色を伺う日々
  • 体育会系気質の人間関係
 

上司先輩の顔色を伺う日々

消防士は、上司先輩の顔色を伺いながら仕事しなければいけない職業です。

上司先輩に怒られないため、嫌われないために無駄な事務作業を小まめにこなさなければいけません。雑作業などで多忙になり、大事な仕事が後まわしになることもよくあります。飲み会では上司先輩を盛り上げなければいけません。上司先輩から『できない奴』というレッテルを貼られると、良いアイディアを出したとしても否定されます。だから、面倒な事務処理をひたすら繰り返す、飲み会で『先輩凄いっす!』と『良い人を演じる』しかないんです。

そういう毎日を繰り返し、『人を助けるために消防士をする』のではなく、生き抜くために『上司先輩の機嫌とりをしている』感覚に陥り、悲観していました。

体育会系気質の人間関係

協力的な人間関係というよりも、『体育会系で上下関係が無駄に厳しい』と感じることがとても多かったです。

  • 上司先輩に意見できない雰囲気
  • 怒る指導が多い
  • 権威のために働く

基本的にどんな理性的なことを言っても上司先輩に否定されるのがオチです。

訓練ではできない後輩がいると先輩は怒鳴ることも多いですし、基本的に『指導方法が後輩に合っていないから変えよう』とはならず、悪いのはいつも後輩なんですね。怒鳴られるとメンタルが弱るし、恐怖心で手が震える人もいるくらいです。また、階級社会でもあるため歳を重ねると権威のために働くように感じられました。

こういう体育会系気質に対して『僕の性格には合っていない。自分の性格に合う働き方をしたい』と思いました。

こういった直観に従って、30歳で消防士を辞めました。

消防士を辞めたい公務員へ贈る3つのメッセージ!人生は1度切り

電話を持っている人

1:消防士を辞めたいあなたへ!人生は1度きり

『人生は一度きり』です。これが事実です。

20代、30代の皆さん。平均寿命が延び人生100年時代に入るといわれています。要はあなたの人生は100年あるということです。

しかし、あなたが30歳だとすると30年は無駄に消費しているかもしれません。つまり、『人生の約3分の1が終わっている』んです。残りは約70年しかないんでね。

実際にやりたいことができる期間はもっと少ない事実

人生100年ですが実際に『やりたいことができる期間は短い』んです。

理由は、結婚、子育てに追われてやりたいことを諦める方が圧倒的に多いですし、定年後には体の衰えを感じ体力維持に努めるか、病気などによって元気ではなくなります。

もしかすると、あなたがやりたいことに挑戦できる期間は5年もないかもしれません!

やりたいことに挑戦するための準備をしている暇はありません。やりたいと思ったらとりあえず挑戦し、失敗したら軌道修正すればいいんです。

残り70年、完璧を求めると挑戦できません。自分の直観に従った人生を歩みましょう!

2:消防士を辞めたい公務員へ!『ストレス』から解放される!

消防士時代にストレスを感じない日はありませんでした。

  • 上司先輩との人間関係
  • 体育会系気質
  • 気を使う飲み会
  • 無駄に細かい事務作業

でも、『給料も安定しているし我慢する』という気持ちもわかりますが、ストレスは精神的にも身体的にも体に悪いので我慢しない方がいいです。

なので、僕は消防士を辞めてこのような『ストレスから解放されただけでも十分に幸せ』です。

消防士を辞めたい公務員へ!辞めて解放された『ストレス3つ』教えます!

僕の周りには『消防士辞めたい!』といいながら我慢している人が圧倒的に多いんです。

理由は人間関係でくるしみつつも公務員の給料が安定しているからです。

しかし、ストレスを抱えている人が圧倒的に多く、40~50代になると身体的、精神的な不調を抱えている方が多いです。

なので、消防士をやめて3つのストレスから解放されてよかったことを消防士を辞めて3つのストレスから解放【在職中の副業の始め方】に書きました。

もし、消防士に少しでも不安があるなら、ぜひ読んでみてください。

消防士を辞めたい公務員へ!本当にやりたいことに挑戦しよう!

あなたが本当にやりたいことをやりましょう!『やりたことがない』というのはありえません。

『家族など誰にも批判されないで、楽してお金も稼げる』といった条件がないとできない!」

と思っているあなた!条件を満たさないとできない』考えなんて本当にやりたいことではないですよ!

本当にやりたいことがあなたにもあるはずです!僕は消防士を辞めてやりたいことをやって幸せない毎日を送っています。

好きなことをして毎日働ければ誰だって幸せです。今、この記事を読んでいるあなたもきっと同じです!やりたいことがあるなら今すぐ挑戦しよう!

消防士より高収入を目指すならプログラミングがおすすめです。在職中にプログラミングスクールに通ってスキルアップしたい方は、あわせてこちらの記事を読んでくださいね!


消防士を辞めたいけど公務員だから辞められない気持ちもわかる

黒のジャケットに近いハーネスを着た男

消防士を辞めたいけど、、、

  • 理由があり一歩踏み出せない
  • 転職したい会社がない。スキル、知識がない
  • 年収がいいし安定している

全部わかります。僕も同じ理由で消防士を辞めたいけど、辞めることができませんでした。

本当に大切なことはやりたいことをやって生きること

本当に大切なことは『やりたいことをやって生きる』ことです。

安定、収入などの悩みは尽きないかもしれませんが、「1日やりきったぞ!」という充実感が大切です。

たしかに消防士である公務員を辞めるリスクはあるし、お金を稼げる保証もありません。周囲から批判もされたしバカにされましたし、辞めるのが怖い理由もわかります。

でも、その殻を破り『周囲を気にせずやりたいことやる世界』に入ってからは充実感に溢れ毎日が幸せです。

辞めて見て振り返ると『ストレスに溢れていた世界』が小さく感じました。

『一切失敗しない』人生はありません。消防士としてストレスに溢れているなら失敗かもしれません。あなたの『本当にやりたいことを求める』べきです。人生でやりたいことは何ですか?


まとめ:消防士を辞めたい公務員へ

階段, 徐々に, フィート, 足, 成功, 徐々 に, キャリア, アップ, 上昇, ステージ

最後にもう一度言いたいことは『辞めたいと思ってるなら、素直に辞めたらいいじゃん!』ってことです。

消防士を辞めたいのに辞めない理由を探していませんか?僕の周りにもストレスを抱えながら辞めない理由を探す人が多かったように感じています。

僕は消防士に向いていなかったから『自分に合う仕事を選び転職』しました。

何度も繰り返しになりますが『一度きりの人生』です。この記事で『消防士を辞めたい』と思っている方の背中を押す手伝いができたら嬉しいです。

消防士より高収入を目指すならプログラミングがおすすめです。在職中にプログラミングスクールに通ってスキルアップしたい方は、あわせてこちらの記事を読んでくださいね!

消防士を辞めたい!他の仕事がしたいあなたへ

もし僕と同じように『消防士を辞めて転職したい!』と考えているなら転職サイトに登録しましょう。

副業が自由に行える会社員に転職した僕のおすすめ転職サイトは以下のとおりです。

理由は無料で登録でき、どんな職種があるのか詳しくわかるからです。

早速登録して転職してみましょう。

録無料のおすすめ転職サイトがこちら

消防士を辞めたいけど『今は無理!』と思うあなたへ

『辞めたいけど、何かしらの理由があってもう少し働き続けたい!』と思っているあなたへ!

もし、『いつでも辞められるように準備したい!』と思っているのなら、副業で稼げる土台をつくっておくのもオススメです。

公務員の場合は、副業が原則禁止ですが『辞めた後に収益が発生するしくみ』をつくることも可能なので以下の記事で解説しますね!

https://masablo.net/okblogyoutube/
タイトルとURLをコピーしました