日本人と欧米人の骨格の違いは「骨盤」と「筋肉」にあり!姿勢を正しくパフォーマンスアップ

身体の使い方

こんにちは。整体師マサキです。

「日本人は欧米人より小さい」「日本人はパワーがない」「欧米人に比べて日本人は姿勢が悪い」などのようにマイナスイメージがありませんか?

今回は、そんな日本人と欧米人の体の違いに答えていきます。

簡単に説明すると、日本人と欧米人では骨盤の角度が違い、骨盤の角度の違いよって姿勢や身体の使い方、筋肉の付き方が変わってくるんです。

骨盤の角度から筋肉の付き方の違いについて説明し、日本人向けの身体の使い方「優しい動き」と欧米人の身体の使い方「華の動き」の紹介をしますので最後までお付き合いくださいね。

日本人と欧米人の骨格の違いは骨盤

マッサージ, 端筋, ヒップ, 結合組織, 戻る, 骨盤帯型

日本人と欧米人の骨格の違いは骨盤の角度にあります。

日本人は骨盤が後傾で背筋が真っすぐ伸びています。よく日本人は猫背と言いますが猫背は歪みであって日本人が猫背ではありません。

反対に欧米人は骨盤が前傾して、お尻が出やすく胸が上に上がって見えるんです。欧米人の見た目がカッコイイという風潮があるので、雑誌などで紹介される正しい姿勢は欧米人に合わせた姿勢になるんです。

それでは、欧米人と日本人のそれぞれの特徴を解説していきますので続きをご覧ください。

欧米人の骨格と筋肉の特徴

鏡の前に立っている黒いダンベルを保持している黒いトップトップを着ている女性

欧米人の骨格と筋肉の特徴は以下のようになります。

  • 骨盤が前傾
  • ハムストリングス、背中の筋肉が発達
  • つま先重心

欧米人は骨盤が前傾しているので自然とお尻が上がり、胸が張ったように見えます。無理に胸を張るのではなく、あくまでも「骨盤の前傾によって自然と胸が上がる」ということです。

骨盤前傾で日常を過ごすことで、太ももの裏のハムストリングスや背中の筋肉が発達します。

よく欧米人はハムストリングスや背中の筋肉が発達していると言われますが、骨盤が前傾した姿勢によって背中や太ももの裏の筋肉が発達しているんです。

なので、欧米人の姿勢に憧れるからといって、安易にハムストリングスや背中を鍛えても意味がありません。

日本人が欧米人の姿勢をつくりたいと思うならまずは骨盤を柔らかくして骨盤前傾をつくれるようにしなければなりません。

さらに骨盤を前傾させることで、バランスを取るために「つま先重心」になるんです。

だから欧米の女性はハイヒールを履きこなせるんです。さらに中世ヨーロッパの絵を見ると男性もヒールの高い靴を履いているので、男性も骨盤が前傾しているといえます。

日本人が筋トレをすると猫背になりやすいですが、欧米人は骨盤が前傾してつま先重心であるため筋トレしても胸が張ったような姿勢をキープできてカッコよく見えるんです。

欧米人の姿勢をつくりたいと思うなら「骨盤前傾とつま先重心」をできるようになりましょう。

姿勢や身体の使い方を変えずに筋トレをしても怪我をするだけなので注意してください。

日本人の骨格と筋肉の特徴

京都, 着物, 日本, 祇園, 女の子

日本人の骨格と筋肉の特徴は以下のとおりになります。

  • 骨盤が後傾
  • 全身の筋肉が丁度よく発達または筋肉が大きくなりにくい
  • かかと重心

日本人は、着物、正座、下駄、草履、刀など他国に比べて独特の文化があったためか骨盤が後傾している民族です。

正座や着物が定着したのが江戸時代といわれていますから、おそらく骨盤後傾になったのも江戸時代ではないかと推測できます。

骨盤後傾だからといって猫背ではないんです。猫背は単なる歪みですから、日本人は猫背だと勘違いしない方がいいでしょう。

骨盤が後傾しているので、胸や腹筋を鍛えて硬くしてしまうと猫背になりやすいんです。胸や腹筋が硬くなると筋肉が縮むので、身体の前側の筋肉が骨を引っ張り合うので猫背になりやすいんです。なので、日本人は安易に腹筋や胸を鍛えない方が猫背防止になります。

要は、日本人は骨盤後傾して背すじを真っ直ぐ伸ばした姿勢が楽なんです。また、武術の極意にもなる姿勢といわれています。なので、小さな力で大きな力を発揮しやすいんですね。

また、骨盤後傾の日本人だから筋肉がつきにくいというわけではありません。昔の写真を見てもがっちりした日本人はたくさんいます。

籠に人を乗せて運んだり、天秤棒に荷を乗せて商売したり、農耕、人力車、飛脚など力を使う仕事をしている人の身体はがっちりしています。

とはいえ、欧米人のように筋肉が大きくなりにくい特徴はあります。

筋肉は大きくなりにくいけど力はあるんです。

要するに、職業にあわせてほどよく筋肉がつき、骨盤後傾による身体の使い方で小さな力で大きな力を発揮できるんです。

さらに骨盤後傾になることによって、かかと重心になります。現代の日本人は、骨盤後傾しながらつま先重心になったり、歪みが強くなる姿勢をしているから不調になりやすいんですね。

下駄や草履を履くとわかるんですが、つま先重心で歩くと鼻緒ずれがしやすいんです。

とはいえ、かかと重心に拘り過ぎて力むのもよくありません。立つ、歩く中で足裏を柔らく使ってあげるといいでしょう。

このように、欧米人と日本人は文化などにより骨格や姿勢が違います。どっちが良い悪いではなく、自分の民族性にあわせて姿勢や動作を構築するといいんです。

姿勢や動作を整えるメリットは以下のようになります。

  • 肩こり、腰痛が治る、予防できる
  • 疲れにくい
  • 仕事の生産性アップ
  • 家事、育児が楽
  • スポーツが上手くなる

ということで欧米人の身体の使い方と日本人の身体の使い方の特徴を見ていきましょう。

欧米人の身体の使い方は「華の動き」

欧米人の身体の使い方の特徴は以下のようになります。

  • しなる
  • 捻る
  • バネ

骨盤を前傾させ、柔らかく身体を使うことで、しなりやすく、捻りやすく、バネの力を発揮できます。

投げる、蹴る、打つなど欧米発祥のスポーツは、欧米人に合わせて生まれたものだと納得できるのではないでしょうか?

実際に、スポーツの世界を見るとやはり欧米人に凄い選手が多いように思えます。

また、短距離、長距離など走ることが得意なアフリカ系の民族は欧米人よりも骨盤が前傾しています。なので、走ったり、跳んだりすることが得意なんです。

モデルウォークは腰の捻りからお尻の揺れが生まれます。欧米人にとってモデルウォークはやりやすいんですね。

日本人で、スポーツが上手くなりたい、モデルウォークをしたいと思うなら骨盤前傾を柔らかくできるように練習することをおすすめします。

もう一度まとめますと、欧米人のようた骨盤前傾をさせると以下のような特徴が生まれます。

  • しなる
  • 捻る
  • バネ

このような特徴をもってスポーツをしたい、体操をしたい、モデルのようにキレイになりたいと思ったなら「華の動き」がおすすめです。

欧米人の特徴から柔らかい身体の使い方を提案した「華の動き」の電子書籍を500円でAmazon Kindleで発売しています。

もっと詳しく知りたいと思ったら、以下のAmazonリンクからご購入くださいね!

日本人の身体の使い方は「優しい動き」

骨盤が後傾した日本人の身体の使い方の特徴は以下のようになります。

  • 上半身と下半身が繋がる
  • 正中線に力が集まる
  • 小さな力で大きな力を発揮する

欧米人とは対照的で、しなりやバネがあまりありません。

変わりに上半身と下半身が繋がり、正中線に力を集めることができ、小さな力で大きな力を発揮できます。

荷を担いだり、荷車や人力車を押したり、農作業のようにくわを振り下ろすのが得意になります。

骨盤後傾の身体の使い方に磨きをかけると、小さな体でも大きな力を発揮できるように変わります。

なので、デスクワークや肉体労働問わず仕事で疲れにくくなります。

育児における抱っこやおんぶが楽になります。

掃除機の扱い方などが楽になるので家事で疲れにくくなります。

日本人に人気のスポーツは日本人の骨格に合っているものです。

ですから、野球に活かすと足が速くなったり、ボールに回転をかけて投げられるようになります。また、柔らかい動きながらも、ボールに適切な力を伝えるバッティングがやりやすくなりパワーが増します。

このようなメリットがありますが、特に身体の使い方で大事なのは「正中線」や「体軸」をつくることです。

日本人に合わせた身体の使い方を日常で行い続けることで「正中線」ができていきます。

正中線があり無駄な力が抜けてくると、仕事、家事、育児、スポーツと様々な場面でパフォーマンスが上がります。

そんな日本人向けの身体の使い方を紹介した電子書籍「優しい動き」がAmazon Kindleで500円で発売中です。

テクニック(ストレッチ、セルフケア、筋トレ、スポーツ理論)を実践しても、なかなか結果に結びつかないと思います。

「優しい動き」は上辺のテクニックではなく、「正中線づくり」を基本に日本人に合った身体の使い方になります。

正中線はあらゆる動作の基本であります。センスを磨き、楽に動きパフォーマンスを上げたいなら「優しい動き」がおすすめです!

筋トレ、ストレッチ、スポーツ理論など何をしても腰痛、肩こり良くならなかったあなたにおすすめですのでAmazon Kindleでぜひ「優しい動き」をお買い求めください!

タイトルとURLをコピーしました