20代で消防士を辞めても良い理由【むしろチャンス】

消防士を辞めたい

20代の消防士で「辞めたいのに辞められない!」といった悩みはありませんか?

  • 20代で消防士を辞めたい
  • 他にやりたいことがあるのに辞められらない

今回はこんな悩みを抱える20代の消防士へ向けてのメッセージです。

本記事の内容
  • 20代で消防士を辞めたらダメな人
  • 20代で消防士を辞めて良い人
  • 20代は転職のチャンス
  • やりたいことがあるなら辞めよう
本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、30歳で消防士を退職して整体師とトレーナーとして独立、コロナの影響で閉店し、現在は介護職員をしています。副業としてYouTubeと当ブログで稼ぎつつフリーランスの整体師・トレーナーを目指しています。

参考:YouTube広告収入あり▶︎マサトレブログ

読書さんへの前置きメッセージ

本記事は20歳代の消防士で辞めたいと葛藤している若者に向けて書いてます!

実際に僕は2015年に地方公務員である消防士を30歳で辞めました。

理由は20代で救助訓練指導会の障害突破を経験したからです。オーバーワークによって怪我も多く、フィジカルとメンタルのパフォーマンスが著しく低下したので、人の身体をケア出来る人になりたくて消防士を辞めました。

もったいないと思う気持ちもわかりますが、辞めてやりたいことに挑戦できて幸せです。

そんな元消防士が辞めたらダメな人、良い人の説明しつつ、辞め方も紹介します。

本記事を読み終えた後には、『20代なら新しいことをするチャンス』と理解でき、前向きになれますよ!

3分ほどで読めるので、早速始めましょう!

20代で消防士を辞めても良い理由【むしろチャンス】

チャンス, 別, 方向, 左, 右, 注意, どうろひょうしき, 決断, 選択, オプション, 別の方法

結論、20代で消防士を辞めるのはチャンスです!

なぜなら、独立するにも転職するにも若い内に挑戦した方がいいからです。

例えば消防士で40代になり、転職しようとしてもどこも採用してくれません。民間企業で40代まで磨いたスキルと公務員で磨いたスキルには差が出てしまうんです。公務員のスキルは公務員内でしか使えないものが多く、消防士は特に特殊な仕事なので他に活かすのは難しいですよね。

反対に20代であれば新しい仕事をすぐに覚えられるので、成長しやすい時期ですなんですね。

そう!成長スピードが圧倒的に早い20代に消防士を辞めて新たなことに挑戦するのはチャンスなんですよね!

ただし、消防士を辞めていい人、辞めない方がいい人がいるので詳しく解説します。

20代で消防士を辞めたらダメな人

20代で消防士を辞めたらダメな消防士はこんな人です。

  • ストレスで辞めたい
  • やりたいことがない

消防士をストレスで辞めたい

単純にストレスで辞めたいからと消防士を辞めるのはもったいないです。

理由はストレスで辞めた場合、次の職場でもストレスが溜まれば簡単に辞めてしまうんですよね。

安定した給料や有休も使いやすい消防士をストレスだけで辞めてしまうのは後先考えていない証拠です。

ただし、パワハラを受けている場合などは退職した方がいいので間違いないでくださいね!

なので、単純なストレスだけで消防士を辞めるのはやめましょう!

やりたいことがない

消防士を辞めたいけどやりたいことがない人は辞めない方がいいです。

なぜなら、次の転職先が決まっていないと無収入になるからです。

公務員は辞めても失業手当てがないので、辞めたら無一文です。20代で辞めても退職金は10~200万程度でしょう。実際に僕は30歳で辞めていますが、退職金は200万程度。超節約しないと1年も生活できない金額です。

 

なので、次の目標が定まってない人は辞めない方がいいです。

なんとなく辞めたいと思っている方は新たにスキルを磨いて転職先を探せるように準備しておくのもありですので、あわせてこちらの記事を読んでくださいね!

20代で消防士を辞めて良い人

男, ジャンピング, 山, 岩層, ジャンプ, うれしそうな, ハッピー, アスレチック, 屋外, 楽しい

20代で消防士を辞めて良い人は『他にやりたいことができた人』です。

理由は目的が明確だからです。

実際に僕は消防士時代に救助指導会を経験してから、身体のケアやトレーニング指導ができるトレーナーになりたいと思い退職しました。行き過ぎた訓練とトレーニングによってオーバーワークになり、慢性疲労、うつになってしまい、自身の経験から体や心を痛めた人の力になりたいと思ったからです。

なので、『やりたいことが変わった』と明確な目標があるなら辞めるべきだと思います。

20代は転職のチャンス

20代は転職のチャンスです!

なぜなら、企業も新しい人材を採用するなら将来性がある若者を雇いたいからです。

しかし、30、40代になると転職が圧倒的に不利になります。もちろんスキルや経験値が高ければ歳を取っても採用してくれますが、消防士は単なる公務員です。民間からは『公務員は仕事ができない』と思われがちなので、歳を取ってから消防士を辞めるのは得策ではないんです。

実際に求人をみると『将来性を考慮して35歳まで応募可能』といった情報が多いんですね。

なので、消防士から違う仕事に就きたいと思うなら20代がチャンスなんです!

やりたいことがあるなら辞めよう

消防士を辞めてやりたいことがあるなら辞めましょう!

『人生は一度きり』が真実です。

やりたいことがあるのに挑戦しないと死ぬ頃に後悔するかもしれません。

なんらかの理由があって消防士を辞められない気持ちもわかります。僕の場合は家族の反対、周囲の目などを気にして辞められない時期がありました。

でも、辞めた現在は『YouTubeやブログで稼げるようになる』といった目標が叶いつつありますし、実際にやりたいことに挑戦できて幸せです。

もう一度考えてください!

『人生は一度きり』

消防士よりもやりたいことがあるなら辞めて挑戦しよう!

消防士を辞める前に準備してから退職しよう!

成功, 孤立, 機会, 勝利, 志す, 業績, 仕事, 勝つ, リマインダー, ペン, 手書き

とは言っても消防士は公務員。安定を捨てるのは不安ですよね?

なので、準備してから辞めましょう!

理由はいきなり消防士を辞めると退職金と貯金を切り崩して生活しなければなりません。20代消防士であれば貯金と退職金合わせて数10万〜200万円程度だと思います。数ヶ月しか持ちませんね。

ひとつの方法として、転職先を決定してから辞めるようにするのがおすすめです。

例えば、3月に退職するな4月から別の仕事ができるように準備するんです。

今は転職サイトや転職エージェントが豊富にあるので、利用しない手はないです。

転職サイトやエージェントは登録が無料でお金は一切かかりません。登録して昼休みに求人情報を眺めるもありですね。

なので、やりたいことが転職先にあるのなら、就職を内定させてから辞めるべきなんです。

20代で消防士を辞めたいなら事前準備をしっかりしてくださいね!

消防士を辞めたいけど前へ進めないという方は次の記事もあわせてこちらの記事を読んでくださいね!

消防士から転職したいと決意できた方はあわせてこちらの記事を読んでくださいね!

タイトルとURLをコピーしました